指は立てるのは間違い?ギターの上手な弾き方と弦の押さえ方

コードを綺麗に鳴らす2つのコツでコードを綺麗に鳴らすための指の使い方をご紹介しました。

 

しかし、ギターで弾くのはコードだけではありません。ギターで単音を弾く人もいます。

 

そこで問題になるのがギターを弾くときによく言われる「指を立てる」という事。実は、ギターを弾くうえでは指を立てないほうがいい場合があります。

 


スポンサードリンク

左手の役割

ギターを弾くにあたって左手の役割は何でしょうか?当然、弦を押さえる事です。しかし、これだけではありません。

 

目的の弦以外は鳴らないようにする。これも左手の大事な役割になります。

 

この余計な音(ノイズ)を抑える事を「ミュート(消音)」と呼び、このミュートをするうえで「指を立てる」事が問題になってきます。

 

指を立てると…

試しに指を立てて以下の譜面を弾いてみてください。

 

譜面①

2015y03m11d_150152990

 

6弦の1フレットを押さえて弾く譜面です。コードを綺麗に鳴らす2つのコツで書いたことを思い出し、隣の弦(5弦)に触らないように指を立てて6弦を押さえて弾いてみましょう。

 

上手に弾けたでしょうか?上手に弾けてしまったら書くことが無くなってしまうのですが、上手に弾けた人ももう少し読んでいってください。

 

上手に弾けた?

上手に弾けたというのは6弦1フレットの音がしっかり出たかではなく、6弦1フレット以外の音が出なかったか?という事です。

 

どうだったか自信が無い人はもう一回弾いてみてください。大きくピッキングしたら5弦にピックが当たって5弦の音がなってしまうのはもちろんですが、そうでなくても「ほわ~ん」とうっすら音が鳴ってしまうことがあります。

 

変な音の正体

ギターは弦を弾いて=弦を振動させて音を出す楽器ですが、弦を直接弾かなくても衝撃が加わればその衝撃で弦が振動します。弦が振動すると言う事は音が出る事、余計な弦を振動させる事はノイズを出すという事です。

 

上記の「ほわ~ん」とした音の正体は、6弦以外の弦が振動した事によるノイズです。これでは上手に弾けたとは言えませんので、ノイズを出ないようにしなければいけません。

 

ノイズを出さない弾き方

ギターの音が出る原理は上に書いたとおりなので、音が出ないようにするには弦が振動しないようにする必要があります。

 

どうすればいいかというと、弦に触れる。触れる事で弦の振動を抑える事ができます。

 

しっかり押さえてしまうと音が出てしまうので、あくまで浮いている弦に「軽く触れる」だけです。じゃあどこで触れるかと言うと、簡単なのは人差し指を立てずに寝かせて指の腹で弦に触れる事です。

 

しかし、指を立てていては弦に触れる事ができません。そのため、状況に応じて指を立てたり寝かしたりする必要が出てきます。

 

最後に

このように、ギターを弾くときは必ず指を立てなければいけないわけではありません。おおざっぱにコードのときは指を立てる、単音のときは寝かせて他の弦をミュートすると考えましょう。

 

ちなみに、指を寝かせてミュートするといっても、そのように使うのは人差し指くらいで他の指を使うことはあまりありません。

 

ただし、左手のミュートだけでもいくつか種類がありますし、その他に右手のミュートもありますので、おいおい書いていきたいと思います。左手のミュートのコツ


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ