【ギター】TAB譜は間違えている?TAB譜の効果的な使い方

好きな曲を練習しようと思った場合、耳コピをするかバンドスコア(バンド向けの楽譜)を買うかのどちらかになります。

 

まだ耳コピができない人や苦手な人もいるので耳コピは一旦おいておくとして、バンドスコアを買った場合そのほとんどが5線譜だけではなくTAB譜も載っています。

 

TAB譜を見ればどこを押さえればいいのか簡単にわかりますが、中には本当にこんな押さえ方するの?というTAB譜もあります。

 

実はTAB譜は全てが正確に作られているわけではありません。

 


スポンサードリンク

TAB譜が間違っている?

売っている楽譜なのに間違っているの?と思うかもしれませんが、中には間違っているものもあります。

 

ただし、音自体が間違っている事はあまりありません。

 

間違っているののは押さえるところ、いわゆるポジションです

 

同じ音でも色々あるポジション

これにはギターが複数の場所で同じ音を出せる楽器である事が関係しています。

 

例えばドレミファソラシド。

2015y03m18d_224726652

 

全て同じ高さのドレミファソラシドですが、このように違う弾き方ができます。

これ以外にもまだまだ違う場所で弾く事ができます。

 

そのため、バンドスコアに載っているポジションが実際にそのギタリストが押さえているところとは違う可能性があります

 

本人と同じポジションの確認方法

中にはバンドスコアを出版するにあたり、そのバンドが監修しているものがあります。

 

この場合は、実際にそのフレーズを弾いているギタリストが確認しているので間違っている事はないでしょう。

 

しかし、全てのバンドスコアが監修されているわけではありません。監修されていないものでは、どうしても正しいものを載せる事ができなくなってしまいます。

 

ポジションや運指まで同じにしたい場合には、ライブ映像などを見てどこを押さえているのか確認するしかありません。熱心なファンの人たちはこのようにしています。

 

最後に

この問題は誰がやっても起こってしまう問題なので、音が合っているのであればポジションが違うからと責めるのは酷です。間違っている場合があるというよりは、正しくない場合があると言ったほうが適切かもしれません。

 

逆に考えれば、絶対にTAB譜のとおりに弾かなければいけないわけではありません。

 

TAB譜のメインは音を確認する事、ポジションはおまけ。

 

このように考え、TAB譜に書かれているとおりで弾きづらいと思ったら弾きやすいポジションに変えてしまいましょう。バンドスコアに書き込んでしまうのもアリです。

 

ただし、教則本などで「このフレーズを弾いてみましょう」といった場合にはそのポジションで弾く事に意味がある場合がありので、こういった場合は素直にそのポジションで練習しましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ