【ギター】タブ譜にあるひし形「◇」の名前と弾き方【ハーモニクス】

タブ譜には色々な英語や記号がありますが、一見よくわからないのがひし形「◇」。しかも◇の中に数字が書いてあってさらによくわかりません。

 

これは知っているとギターが楽しくなりますが、時には厄介にもなるあるものを表しています。

 


スポンサードリンク

タブ譜にある【◇】

このひし形【◇】はハーモニクスを表す記号になります。

 

harmonics

 

これだけ見ると道路標識みたいですが、実際のタブではこのように◇の中に数字が書いてあります。

 

このハーモニクスは何?と言うのは説明するよりも弾いたほうが分かりやすいので、実際に弾いてみましょう。

 

ハーモニクスの弾き方

通常ギターを弾く場合はフレットとフレットの間を押さえますが、ハーモニクスを弾く場合=その数字がひし形で囲まれていた場合は少し変わってきます。

 

上の図のようにひし形の中に12と書かれていた場合は、12フレットの真上を押さえます。実際には押さえるのではなく、12フレットの真上で弦に触れるだけです。

 

6弦が一番分かりやすいので、6弦12フレットの真上で弦に触れてみてください。そしてそのまま弾いてみましょう。また、弾いたと同時に弦から手を離してください。

 

なんか「ポーン♪」と音がしたはずです。それがハーモニクスです。

 

ハーモニクスが鳴る場所?

ハーモニクスはどこでも鳴るわけではなく、鳴らせる場所が決まっています。12フレットが一番分かりやすいので例にしましたが、これは12フレットが弦の真ん中、半分に位置するため。

 

弦を等分した位置であればハーモニクスを鳴らす事ができます。

 

12フレット以外では7フレットや5フレットで簡単に鳴らせますので試してみてください。

 

12フレット ⇒ 1/2

7フレット ⇒ 1/3

5フレット ⇒ 1/4…

 

となり、1/5の場所(4フレット、9フレット、16フレット)以降でも鳴らす事ができますが、分母が大きくなるほど鳴らすのが難しくなります。

 

最後に

遊びにしか使えないと思うかもしれませんが、このハーモニクスを上手く使っている曲はたくさんあります。

 

ちなみに最初に厄介と書いたのは、弦に触れているだけで音が鳴るのでハーモニクスを出すつもりが無くても勝手に出てしまう事があるからです。

 

そのため、この付近でフレーズを弾くときはミュートに特に気を使わなければいけませんので、そういった意味でもどこが鳴るのかしっかり覚えておきましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ