【音作り】ギターの音抜けをよくする2つのポイント【スタジオ】

スタジオに入った時、ギターだけだとしっかり聴こえるのにバンドで合わせると自分の音がよく聴こえない…こんな事があります。

 

音量の問題かと思ってボリュームを上げてもいまいちしっくりこない…こういった場合、音作りに問題があるかもしれません。

 


スポンサードリンク

ギターの悪い音作り

ギターの音作りでよくあるのが低域を出しすぎてしまう事。アンプで言うとBASSを上げすぎている事です。

 

実は多くのギタリストがついBASSを上げてしまう傾向にあります。なぜならBASSを上げたほうが弾いていて気持ちがいいから。

 

ロックの曲をやる場合や、ブリッジミュートを多用する場合にはBASSを上げた方が低域がズンズン響くので気持ちよく弾く事ができます。

 

しかし、各楽器にはそれぞれ役割があります。

その役割からはみ出してしまうと他の楽器の役割を被ってしまい、音が聴きづらくなってしまいます。

 

楽器の役割

バンドで使われる楽器を分類してみます。

 

高域:キーボード

中域:ギターやボーカル

低域:ベース

 

これが絶対というわけではありませんが、おおまかにはこんな感じです。

 

このためBASSを上げすぎるとベースの音域と被ってごちゃごちゃしてしまうので、BASSは自分が弾いて気持ちいい位置から1~2目盛り下げましょう。

 

歪加減

もう1つ問題になってくるのが歪ませすぎてしまう事。アンプで言うとGAINやDRIVEを上げすぎてしまう事です。

 

GAINが少ないときれいな音が出ますが、GAINを上げていくと音が歪んでいきロックなカッコいい音になります。

 

そのためBASSと同様についつい上げすぎてしまう人がいるのですが、歪むというのは音を潰している事。潰せば潰すほど聴きとりづらくなってきます。

 

これもBASSと同様に、自分が弾いて気持ちいい位置から1~2目盛り下げましょう。

 

まとめ

BASSを1~2目盛り下げる

GAINを1~2目盛り下げる

 

これだけですっきりとして聴きやすくなると思いますので試してみてください。

 

セッティングの肝は、ギター一人で弾いて気持ちいい音とバンドで合わせて気持ちいい音は違うという事。これを意識して、バンドを活かすための音作りを考えていきましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ