【ストラトとレスポールの違い】弾きやすさを分ける4つのポイント

ギターといって頭に浮かぶのはストラトとレスポール。どちらもとても有名なギターでストラトはFenderから、レスポールはGibsonから発売されています。

 

名前を聞いたことがあるという人はいても、その違いを詳しく知っている人は多くないでしょう。違いが分からないまま触ってみてもどこに注意すればわかりませんので、これからギターを買う人はどこが違うのか知っておきましょう。

 


スポンサードリンク

ストラトとレスポール

・ストラト

2015y02m23d_190035998

 

・レスポール

2015y02m23d_190531968

 

改めて写真を載せておくので参考までに。

 

見た目

ストラトはネックの両サイドがくぼんでいるのに対し、レスポールはネックの下側しかくぼんでいません。このくぼみをカッタウェイといい、弾きやすさに関わってきます。

 

詳しくはコチラ:弾きやすいギター選びのポイント

 

ボディに施されている加工

ボディに「エルボーカット」や「コンター加工」という加工が施されているギターがあります。これらはストラトには施されてますが、レスポールには施されていません。

 

これらはそのギターが体に合うかどうかに大きく関わっています。

 

詳しくはコチラ:体に合うギターを見つける2つのポイント

詳しくはコチラ:エルボーカットやコンター加工とは?

 

ネックの長さ

ギターによってネックの長さが違い、ストラトの方が長くレスポールの方が短くなっています。ネックが長いとその分フレットとフレットの間が広くなります

 

フレットの間が広いほど指を大きく開かなければいけませんので、指が短い人はネックが短いほうがいいという事になります。とはいえ、そこまで気にするものではありませんが。

 

詳しくはコチラ:手が小さい人や女性向けのギター

 

ネックの付き方

ネックの付き方にはいくつか種類があり、ストラトの場合はネックがネジで付けられているのに対し、レスポールは接着されています。

 

ネックの付き方でも弾きやすさが変わってきます。

 

詳しくはコチラ:ボルトオンとセットネックとスルーネックの違い

 

まとめ

それぞれの点について詳しくは別の記事で書いていますので、興味があればそちらも見ていってください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ