【購入注意】ギター初心者に知っておいて欲しいストラトの3つの欠点

最初に買うギターとしては定番とも言えるストラトキャスター。ストラトキャスターの歴史も長いですし無難なギターだろうと思いきや、実はそうでもありません。

 

ストラトを買う場合には3つ気をつけて欲しい部分があるのですが、ちょっと試奏しただけだと分からない細かいところなので覚えておいてください。

 


スポンサードリンク

ボリュームの位置

ストラトを弾くにあたってとても邪魔になるのがボリューム。

 

エレキギターはギター側でボリューム調整が出来るよう、調整ノブが付いています。

 

strat-volume

 

見づらいかもしれませんが、赤丸で囲ったところがストラトのボリュームノブの位置です。

 

これがどう邪魔になるのかと言うと、右手を動かしているときにボリュームノブにぶつかります。そのため演奏の邪魔になる事はもちろん、それだけでなくノブが回ってボリュームが下がってしまいます

 

コードを弾くときはあまり気にならないかもしれませんが、単音を弾く場合やブリッジミュートをしながら弾く場合には小指とノブがガンガンぶつかります。

 

センターピックアップが邪魔

もう1つ邪魔なのがンターピックアップ。

 

ストラトはレスポールと違いピックアップが3つ付いていますが、センターピックアップはその名の通り真ん中にあるピックアップです。

 

strat-centerpickup

 

この赤丸で囲ったところが、センターピックアップ。

 

写真で見るとわかりませんが、ピックアップはボディから少し出っ張っています。

 

strat-centerpickup01

 

ギターを弾こうとした時、なぜかその丁度いい位置にセンターピックアップがあるため、ピックとセンターピックアップがぶつかってしまいます。ただし、高さを調整できるのでどうにでもなります。

 

ハイポジションが弾きづらい?

シングルカッタウェイのレスポールに比べてハイポジションが弾きやすいと思われるストラトですが、1つ微妙なポイントがあります。それがネックとボディの結合部が滑らかじゃない事

 

strat-bolto

 

レスポールはこの部分が丸みを帯びていますが、ストラトの場合このように角ばっているため、ハイポジションを弾く場合にはここが手にぶつかります。

 

最初からハイポジションを多用する人はいないと思いますが少し気にして見てください。これを改善するためにヒールレス加工や、そういった工夫を施されているギターがあります。

 

まとめ

ボリュームの位置

センターピックアップの位置

ネックの結合部

 

ストラトを使っている人はこれらを承知の上で上手く付き合っていますが、買ってから自分に合わない、弾きづらいとわかっても手遅れです。これから買う場合には試奏の際にしっかりと確認しましょう。

 

しかしこうは言ってもストラトを使っている人は数多くいます。なぜ皆ストラトを使うのか?それはこれらの欠点なんかどうでもよくなるくらい音に魅力を感じているからです

 

ギタリストのインタビューでも、「こいつは弾きづらいけど音は最高なんだ!」とか「色はヘンテコだけどサウンドはゴキゲンなんだぜ!」と言う人もいますので、音で選ぶのもギター選びの1つです。

 

ただはじめてのギターが弾きづらいギターだと長続きしないかもしれませんので、上級者向けの選び方かもしれません。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ