【おすすめ】ギターを傷から守るソフトケースの使い方

一番初めにギターを買ったときにギターケースがついてきますが、その殆どがソフトケースです。

クッションが入っているケースならいいですが布一枚でペラペラなものが多く、それでギターを持ち運んで大丈夫なのかと心配になってしまいます。

 

ご想像のとおり、ソフトケースでのギターの持ち運びはあまりおすすめできません。

かといってしっかりしたケースは値段が高いので買うのは躊躇してしまいます。

なので、今使っているソフトケースでもギターを安全に持ち運び出来るようにカスタムしましょう。

 


スポンサードリンク

ソフトケースのカスタマイズ

ソフトケースに限らず、ギターケースを持ち運び終わって方から降ろしたときどのように置くでしょうか?

 

殆どの人がギターを縦にして置くと思います。

それ以外に、ずっとケースを背負っていて疲れたからちょっと降ろそうと思ったときにも縦に置くでしょう。

 

このように、ケースの底に負荷がかかる事が多いのでそこにタオルを入れましょう

 

ペラペラのソフトケースにはクッションが入っていないため、床に置いたときの衝撃がそのままギターに伝わり、その衝撃でギターにひびが入ったり塗装がはがれたりしてしまいます。

 

そこで、タオルを入れて緩衝材とすることでその衝撃からギターを守ってくれます。

なるべく厚手のものの方がいいですが、厚すぎるとギターが入らなくなってしまうので持っているケースに合わせてください。

 

もちろん、普段丁寧に扱っていれば気にするほどの事ではありませんが、年には念を。

 

ソフトケースに入れていいもの悪いもの

その他に気にしたいのが、シールドやチューナーなど小物を入れられるポケットです。

 

というのも、何度も書いているとおりソフトケースにはクッションがついていません。

そのため、ギターを運んでいるときにここに入れたものがギターとぶつかって傷をつけてしまう可能性があります。

 

特に危ないのがエフェクター

重くてごつごつしているので危険です。

 

その他に、弦を切るためのニッパーなど、ギターに傷をつけなくてもケースに傷をつけてしまう恐れがあります。

ポケットの中に物を入れる場合でもむき出しのまま入れるのではなく、タオルで巻いて入れるなど工夫しましょう。

 

最後に

最初にお伝えしたケースの底にタオルを入れるというものですが、これはギターの保護以外にケースの保護にも役立ちます。

なぜかというと、ギターを置く度にしょっちゅう負荷がかかるので長く使っていると破れてしまうからです。

 

破れる原因は床と擦れる以外にケース内部でギターと擦れているという事もありますので、ギターだけでなくケースを守るためにも是非タオルを入れてあげましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ