【ヘッド落ち対策】SGをヘッド落ちしないギターにする3つの方法

Gibsonが1961年に発表したSG。

 

ギターとしては古くからあるもので、ラージピックガードのStandatdからスモールピックガードのSG、3ピックアップのSGなど種類も豊富です。

 

レスポールに取って代わる予定が、結局とって代われなかったという悲しい歴史もあるSGですが、どのモデルにも共通するS問題がヘッド落ち

 

SG使いが頭を悩ませているこのヘッド落ち対策を紹介していきます。

 


スポンサードリンク

ヘッド落ち対策

一番簡単な方法

最も簡単にできる対策がストラップを交換するです。

 

ナイロンのストラップは滑りやすいため、簡単にヘッド落ちしてしまいます。そのため、滑りにくい革(レザー)のストラップ、または滑り止めの付いたストラップに交換しましょう。

 

パーツを変える

ストラップで滑らなくするという一時しのぎではなく、根本的にヘッド落ちを直したい場合にはパーツを交換する必要があります。ヘッド落ちが起こる原因はギターの重心がヘッド側にあるためなので、重心がボディ側にくるようにパーツを交換しましょう。

 

交換するパーツは

 

ペグ

ブリッジ

テールピース

 

ペグは軽いものに、ブリッジ・テールピースは重いものに交換する事でヘッド落ちを改善する事ができます。

 

ただし、これら全て換えるとなると結構お金がかかってしまいますし音も変わってしまいますので注意が必要です。その他に、ボリュームやトーンのノブを標準のプラスチック製のものからメタル製のものに交換する手もあります

 

最後の手段

あまり一般的ではありませんが、もう1つSGのヘッド落ちを改善する方法があります。

 

それはボディに重りを入れる事。

 

こう聞くとギターに穴を空ける等大掛かりな改造をしなくてはいけないと思うかもしれませんが、ギターに傷をつける必要はありません。

 

どこに重り入れるのかと言うと、ボディの裏側にあるキャビティです。

 

キャビティにはボリュームポットやトーンポット、トグルスイッチなどが収められていますがそれでもスペースに余裕があります。ホームセンターで手ごろなおもりを買ってきて入れてしまいましょう。

 

一番のおすすめは鉛シートですのでコチラを参考に ⇒ ヘッド落ちを防ぐ鉛シートの使い方

 

最後に

SGのヘッド落ち対策を紹介しましたが、私は革のストラップを使っているだけで他の対策はしていません。

 

それどころか、サスティーンがのびると言われている重りをヘッドに付けていますが、それでもヘッド落ちは気になりません(ストラップを付けていないときは別)。

 

SGを使っている限りこの先もずっと付き合っていく問題なので、自分に合った解決法を見つけましょう。

 

ヘッド落ちしない事による演奏のメリットについては、革製のストラップをおすすめする理由でも触れていますので興味があればこちらも見ていってください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ