折れたストラップピンを本体から取り出す方法-リペアショップに行ってきた

ストラップピンが折れて、ネジが本体から取り出せなくなってしまう…。普通にギターを弾いている人はほとんど関係ありませんが、ライブ中によく動く人はこういう自体に遭遇する可能性があります。

ネジの先っぽが本体から出ていればなんとか取り出すこともできますが、私の場合はそれもできない状態だったため手に負えず。リペアショップにお願いしようと思ったのですが、リペアショップのサイトに料金表を見てもこのことはどこにも何も書いてない。

というわけでリペアショップに直接行って聞いてきました。


スポンサードリンク

折れたネジの取り出しは可能

当然といえば当然ですがネジの取り出しは可能でした。

取り出し方はネジの太さによって異なり、もし太いネジでネジの中心に穴が空けられる場合には穴を空け、その穴に何か突っ込んで回して取り出すとのこと。

細いネジの場合はそれが出来ないので、ネジが取り出せるようになるまでネジの周りを削らなければいけないようです。

 

なるべく本体は削りたくなかったのですが、私のギターはネジが細かったので後者の方法で取ってもらいました。ただ私のギターも極端にネジが細いというわけではないので、ほとんどの人が後者のやり方になるんじゃないかと思います。

 

ちなみに料金は8000円。サービスか料金内なのかわかりませんが新しいネジとストラップピンも付けてくれました。

 

お店選びに注意

今回お願いしたリペアショップはリペア専門店ではなくある楽器屋のリペアコーナー。しかし、実は前に同じ楽器屋の別の店舗で相談した時には、「ネジは取り出せないので他の場所にストラップピンを付けるしかない」と言われたんですね。

 

それならいいやと断ったのですが、いったいあそこはなんだったのか…上に書いたとおりネジが取り出せないことはないので、もし行ったお店でこのようなことを言われたら別のお店に行きましょう。

 

太い・長いネジは折れにくいがデメリットに注意

ちなみにリペアの際になにか対策があるか聞いてみたところ、太いネジにしたり長いネジにしたりすれば多少効果があると聞きました。

ただ、そうするとストラップロックが合わなかったり、長いネジ用の穴を掘った後に普通のネジに戻すとネジの先に隙間ができて不安定になりそうという考えからネジはそのままにしておきました。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ