【絶対にうまくなる】ギターを上達させる2大グッズ

弾いても弾いても中々ギターが上手くならない…そんな風にやきもきしている人は多いと思います。

 

上手い人はいったいどんな練習をしているのか気になりますね。

上手い人達はそれだけ多く練習しているのは当然ですが、しっかりりした練習=質の高い練習を行っています。

 

そんな練習が出来るように、ギターが上手くなりたいと真剣に悩んでいる人には是非使って欲しいものがあります。

 


スポンサードリンク

上手い人と下手な人の違い

ギターが上手な人と下手な人はいったい何が違うのでしょうか?

 

パッと考えると、指がよく動く人と思うかもしれません。

確かにある程度指が動かないと上手いとはいえませんが、上手な人と下手な人の違いはそこではなくリズムが取れているかどうかです。

 

どんなに早く指が動いても、正確なリズムが取れていなければ上手とは言えません。

そういた人の演奏を聞いてみても、指が動くから上手いかと言われれば上手いけど何か違うなと感じるはずです。

 

その何かがリズムです。

小手先の技術だけではなく、本当にギターが上手くなりたい場合正しいリズムで演奏できるようにメトロノームを使って練習しましょう。

⇒ 別記事:メトロノームの使い方やリズムトレーニングについて

 

無知の知

ギターが上手くなるためのポイントはもう1つあります。

それは自分の演奏を録音して聴くこと

 

自分の演奏を聞くなんて耐え難いと思ってしまいますが、だからこそ聴く必要があります。

なぜなら自分の弱点を知ることができるからです。

 

自分の演奏のどこがダメなのかわかっているでしょうか?

わかっているつもりでわかっていない人が殆どです。

 

中には全部ダメというかもしれませんが、その全部とは何なのか具体的に言えるでしょうか?

リズム、ピッキング、フィンガリング、コードワーク、アルペジオ、カッティング、チョーキングの音程、ミュート…

 

このようにざっと考えただけでもギターには様々な要素があります。

その中のどれが出来ていないかがわかっていないと練習のしようがありません。

 

ですので使って欲しいのはレコーダー

パソコンでもスマホでも色々なソフトがありますので、レコーダーを使って自分の演奏を聴き弱点を見つけ、それ克服できるように練習しましょう。

 

最後に

ここに挙げた2つを意識しなくても行っている人がいます。

それはレコーディングをしている人

 

レコーディングではメトロノームに合わせて弾きますし、イヤでも自分の演奏を聴く事になりますのでどんどん上手くなります。

 

また、多くの人がこういった練習をしていない理由に「めんどくさい」という事が挙げられますが、他の人がやっていないめんどくさい事をするからこそ差がつけられますので、是非練習に取り入れてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ