【ギター】無料でTAB譜を作れるフリーソフト【ベース】

自分で作った曲や耳コピした曲を忘れないようにTAB譜に残しておきたいという人は多いと思います。

しかし、曲制作の使うDAWソフトだと5線譜やドラム譜はできるのにTAB譜にはできない事がほとんど。

 

YAMAHAの「SOL」というソフトがDAWソフトでありながらTAB譜に変換できるどころか、TAB譜での直接入力ができたので重宝していたのですが、2000年頃のソフトなので今はもう使えません。

 

現在DAWを使っている人は

 

・自分で覚えておく

・忘れたら5線譜から音を拾う

・TAB譜を紙にに書き写す

・別のソフトでデータを作る

 

のどれかになりますが、当サイトを作るにあたって利用しているソフトは無料で使えるのでTAB譜が作りたい人は是非使ってみてください。

 


スポンサードリンク

Power Tab

当サイトで利用させていただいているのがPowe Tab Editer

対応OSがWindows xpで止まっていますが、私のWindows 7 64bitで動作しています。

 

画面を開くとこんな感じ↓。

 

2015y03m02d_132006285

 

1行の横幅は変えられませんが、16分音符など音数が多い場合には小節の区切りを1つだけ入れて2小節に、そうでない場合は区切りを3つ入れて4小節にと柔軟に対応できます。

 

また、右上に緑の再生ボタンがあるとおり、作成したTABを鳴らしたり、合わせてメトロノームを鳴らしたりする事ができます。テンポを変える事もできるので、自分が作ったフレーズなのに難しくて弾けないという場合には、テンポを遅くして合わせて練習すれば効果的です。

 

チューニングについてもレギュラーチューニングだけでなくドロップDや全弦半音下げ、1音下げ、また7弦ギターや5弦ベースにも対応しています。

 

利用上の注意

昔はこのPowet Tab Editorを使って作られたタブ譜がネット上にたくさん公開されていました。自作のものだけでなく、プロの楽曲等もです。

 

しかし、著作権のある楽曲のタブ譜を公開するのは著作権の侵害にあたります

 

そのため、今ではそういった曲のタブ譜を公開しているサイトはありません。タブ譜を探しても見つからないのはそのためです。

 

コード進行はネットにあるのにTAB譜だけない点についてはこちらをご覧下さい ⇒ TAB譜がネットで見つからない理由

Power Tab Editorを使って自分用にタブ譜を作成するのは問題ありませんが、著作権のあるTAB譜は公開しないようにして下さい。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ