ピックがずれる3つの原因と私がずれなくなったピックの持ち方

ギターを演奏中にピックがずれたことはないでしょうか?

ピックがずれるとまともにピッキングできず、持ちなおそうにもそのタイミングがなくて大変な事になってしまいます。

 

私も昔はしょっちゅうピックがずれていましたが、持ち方を変えたらずれなくなったので参考になるかはわかりませんがそのお話をさせて頂きます。

 


スポンサードリンク

ずれていたときのピックの持ち方

私はいわゆる速弾きをやりたがるタイプなので、はじめの頃に使っていたピックはJAZZⅢ。

 

JAZZⅢは小さくて小回りが利くために速弾きギタリストに愛用されていますが、小さすぎてコードストロークやカッティングがやりづらいという人がいます。

私もそれを感じてきたので、その後JAZZⅢより大きいティアドロップ型のピックへ変更。

 

そうすると当然JAZZⅢの利点だった小回りがなくなってしまうので、ティアドロップのピックでもなるべく小回りがきくように、ピックの先っぽだけを出すような持ち方をしていました。

ピックを深く持っていたという事です。

 

すると演奏中にずれるずれる…

ずれる以外にも人差し指の爪の先や第一関節付近が弦に当たる…

 

そのため、ライブが終わった後はそこから血が出ていることも珍しくありませんでした。

 

ずれなくなったピックの持ち方

それでも演奏性には変えられないと思いしばらくはそのまま放っておいたのですが、ある日演奏中にピックがずれるのはやっぱりおかしいんじゃないかと思い色々調べたところ出てきた答えが「ピックを浅く持つ」というもの。

 

ピックのお尻の方を持てという事です。

 

完全に今まで持っていた持ち方と逆です。

とはいえ、せっかく出てきた解決策なので試したところ…

 

ずれない!

 

それだけのこと、というには矯正するのに苦労しましたが十分に価値はありました。

 

ピックがずれる原因

私の問題はこれで解決しましたが、ピックがずれる原因と解決策は主に以下のようでした。

 

①ピックを強く握っている ⇒ 軽く持つようにする

②弦に引っかかる ⇒ ピックを浅く当てるようにする

③ピックを持つ位置がおかしくてバランスが取れない ⇒ ピックの重心を持つようにする

 

私はピックを深く持っていましたし、指の第一関節まで当たるくらい深くピッキングをしていたので②と③に該当していたと思われます。

ピックがずれる原因は人それぞれ違いますし、有名ギタリストでも変わった持ち方をしている人もいますので何が正解かはいえませんが、ピックのずれで悩んでいる人はこういった点に注意してみるといいかもしれません。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ