ピッキングの仕方、ピックの持ち方など右手のフォームの考え方

個人的名見解なので適当に読んでください。

 

ギターはギター教室等でしっかりと習うのではなく、独学で覚えていく人も多いと思います。

私自身独学で覚えていったのですが、困ったのがピックの持ち方やピッキングの仕方。

 

ピックは親指と人差し指で押さえる事が上手くできなかったので、親指と中指で挟んで持っていました。

その後、この持ち方をしている人はあまりいないと分かったので親指と人差し指でもつという一般的な持ち方に変更。

*ただ、さらに後には親指と中指でピックを持つギタリストもいることがわかりましたが(スティーブ・モーズ)。

 

それでも、じゃあピックのどの辺を持つのかなど細かい部分は何が正解かわからず、試行錯誤し何度も変えましたし、もう10年以上ギターを弾いていますがこれからまた変わる事もあるかもしれません。

ギター教室でちゃんと教えてもらったらずっと変わらないというわけではないと思いますが、色々考えて落ち着いた今思った事を書いていきます。

 


スポンサードリンク

 他のギタリストを真似しない

ピッキングなどで悩んだときに参考にしたのは自分の好きなギタリストです。

youtubeで動画を見ることもできますし、ヤングギターではDVDが付いているので好きなギタリストが特集されているときは買って見てどうなっているのか研究しました。

 

それでそのギタリストに近くなるように色々試してみましたが、最終的に今落ち着いたのは特にどれでもないものです。

というのも色々やっているうちに思ったのが

 

そもそも骨格や腕の長さ、手の大きさ、指の長さが違うんだから好きなギタリストのやり方が自分に合うとは限らない

 

という事。

 

人との違い

そのギタリストの弾き方はその人に最適かもしれませんが、体のつくりが違う自分にはその弾き方が最適になるはずはないじゃないかと。

もちろん海外のギタリストでも日本人のように小柄の人もいますが、それでもやはり骨格等は人それぞれ、日本人同士でも一人ひとり違います。

 

考えれば当然の話ですが、好きなギタリストに憧れるあまり盲目的になってしまうと自分に合った弾き方ではなく、そのギタリストの弾き方を真似をしているだけという本末転倒な事になってしまいます。

もちろん、万人が弾きやすい弾き方の傾向はあるんでしょうが、変わった弾き方をしている人もいますのでこれが正解というものは無く、皆がこう弾いてるからこう弾かなきゃと縛られる必要はありません。

 

ちょっと変わったギタリスト

マーティ・フリードマン(元メガデス)の弾き方はおそらく殆どの人が変わっているなと思うでしょうし、キコ・ルーレイロ(アングラ)はピッキングは普通ですが、ピックの持ち方がピックの端っこを持つとちょっと変わった持ち方をしています。

 

キコのピックの持ち方は動画を見ても分かりづらいと思いますが、マーティの弾き方は見ればすぐ分かりますので興味のある人は動画を探してみてください。

 

 ピッキングの仕方とピックの持ち方

最終的には、

 

長時間弾いていて疲れない

弾いているうちにピックがずれてこない

速弾きだけでなくコードストロークなど他の演奏もできる

 

を意識した弾き方に落ち着きました。

参考までに、最後に関しては速弾きとコード弾きとでピックの持ち方を変える人もいます。

 

というわけで、好きなギタリストや上手なギタリストの弾き方を見て勉強するのはいい事ですが、ただしあくまで参考に、真似にはならないようにした方がいいかもしれません。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ