【ギター】正確なピッキングとリズムを身につける、右手と左手の練習方法

指の準備運動を兼ねて基礎練習をしている人は多いと思いますが、基礎練習だからといって適当にすませてはしないでしょうか?

基礎練習の段階で右手と左手がしっかりシンクロしていないのに曲の練習にとりかかってしまうといつまでたっても上達しません。

上達しないどころかしっかりシンクロしないという間違えた状態で弾く事が当然になってしまい大変危険です。

 

もちろんそれでもある程度は弾く事ができます。

しかし、いつかもう一歩上に行きたいと思ったときに、今までやってきた間違った弾き方を治すことからはじめなければならなくなってしまい、余計に時間がかかってしまいますので、そうならないためにも基礎練習はしっかりと行いましょう。

 


スポンサードリンク

フレーズを弾く際に意識する事

速いフレーズでは「とりあえず勢いでごまかす」となってしまいがちです。

ライブではもうどうしようもないので勢いでごまかすのもいいと思いますが、将来速弾きができるように練習では細かいところを考えていきましょう。

 

まず大切なのが、フレーズのどの音をダウンピッキングで、どの音をアップピッキングで弾いているかを認識する事です。

合わせて、どの音が小節の頭にくる音なのかを意識しましょう。

 

ダウンピッキングとアップピッキングを意識する事でピッキングが正確になり、小節の頭にくる音を意識する事でリズムが正確になります。

 

一番良いのは意識しなくても当たり前のようにできる事ですが、やはりはじめのうちはそうもいきません。

いつも弾いているフレーズをこれらを意識して弾いてみてください。

もしかしたらどこかで引っかかってしまうかもしれません。

 

今まで弾けていると思っていたのが実は弾けていなかったとなると自信を無くしてしまうかも知れませんが、弱点を知ってこそ上達できます。

早めに弱点を知れてよかったとポジティブに考えましょう。

 

フレーズを弾けなかった場合

毎日している基礎練習でもミスをしてしまう事はあるでしょう。曲を練習しているときも同様です。

ミスをする事はプロでもある事で仕方のない事ですが、大事なのはその後の行動です。

どこでミスしたのかは自分が良くわかると思いますが、その原因を詳しく考えた事はあるでしょうか?

 

原因は右手にあるのか、左手にあるのか。

右手だったらどこでピッキングをミスしたのか、同じ弦で弾く時なのか弦移動をするときなのか?

左手も同様にどこでフィンガリングをミスしたのか、同じ弦上でか弦移動のときにか?

 

原因がわかればそこを重点的に練習する事ができますが、なぁなぁで済ましてしまうといつまでたってもそこが弱点になってしまいます。

フレーズが弾けなかった場合には単純にそのフレーズを繰り返すのではなく、その原因がどこにあるのか考えましょう。

 

速弾きとは

速弾きは言ってしまえばゆっくり弾けるものを速く弾いているだけ(その速く弾くのが大変なのですが…)。

ゆっくり弾けなければ速く弾く事はできませんので、まずは遅くてもいいのでしっかり弾けているかを確認しましょう。

 

勿論練習の際にはメトロノームを使ってください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ