【ギター】正しいピッキングのやり方と右手のフォーム

ギターを弾くための右手の使い方、ピッキングのイメージについては有名な例え話があるので、初心者でもわかるギターの弾き方2つのコツでそれらをご紹介させていただきました。

 

今回はより具体的に右手の使い方についてお話をさせて頂きます。

 


スポンサードリンク

ピッキングのポイント

例え話として、ギターの手の使い方は「手を洗った後に水を払う、水を切る動作と同じ」という話を出しました。その動きが参考になるのは確かですが、より大切なのは脱力=力を抜くことです。

 

実際にギターが上手な人の右手の動きを見てみると、とても軽やかに動いているのがわかります。

 

脱力が大事な理由

力が入っていたら、手首を振りきれずに水を切ることが出来ません。ギターも同様で、手首に力が入って動きが硬くなってしまってはピックを振りきれません。

 

しかし、力を抜いてピッキングをすればピックと弦とがぶつかった時に止まらずにスッと抜けてくれます。これが上手なピッキングのポイントになります。

 

もちろん、ピックを持っているので完全に脱力させるわけにはいきませんが、ピックを持つのは最低限の力で十分です。ギターを弾くときには力を入れない、脱力させる事を考えましょう。

 

ダメな腕の動かし方

水を切る動作を参考に出来ていればいいのですが、ギターをはじめたばかりの人がよくやってしまうのが肘で弾く事

 

肘で弾くというのは、手首をガチガチに固定してしまって肘から指先までがが一本の棒のようになってしまっている状態でピッキングをする事です。最初は腕の動かし方が分からないためこのようになってしまうのも仕方がありませんが、脱力とは真逆の動作です。

 

肘が動いてるけど…?

基本的に手首を使って弾いているけど、言われてみると肘が動いている…と自分の弾き方が間違っているんじゃないかと思ってしまう人もいるかもしれません。

 

コードを弾くときは大きく右手を動かさなければいけないので、手首を使っていてもどうしても肘が一緒に動いてしまいます。しかし、それは手首がメインで肘はその補助をしている状態なので問題ありません。

 

問題なのはあくまで、肘が動いているだけで手首がガチガチに固まってしまっている状態です。

 

まとめ

ギターを弾く際には力を入れない

 

まずはこの事だけ頭に入れておきましょう。

 

水を切る動作という例え話はギターの弾き方がわからない人に「力を入れない」事を意識させるためのものです。

 

力が入っていなければ自然と水を切る動作になりますので、既に出来ている人が水を切る動作と言われる逆に混乱してしまうかもしれません。特に弾き方に違和感が無い人は深く考えずにどんどん練習に取り組みましょう。

 

逆に、それが出来ていない人、ここで書いたような肘で弾いている状態だと、上手くピッキングが出来ないどころか肘を壊してしまいますので、そんな場合は水を切る動作を参考に早く力の抜き方を覚えましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ