削れないポール・ギルバートピック登場!?定番・おすすめになるか…

速弾きに定番のピックにはJAZZⅢがありますが、もう1つ定番になっているのがポール・ギルバートのピック。

 

ピックの表面にポールのサインと自画像が描かれていて、かわいいし速弾きもしやすいしでポール好きにはたまらないアイテムです。

 

ただし、唯一の欠点が削れやすい事。

こればかりはどうしようもなく、これが嫌で私もポールピックを避けていたのですが、ここにきてその問題を回避できそうなピックを見つけました。

 


スポンサードリンク

新!ポールピック!?

早速そのピックの写真を見てみましょう↓

 

pick-you01

 

絵が描いてあるのでこれだけでわかる人には分かってしまうでしょう。

これだけでは分かりづらいのでポールピックと比較して↓

 

pick-you02

 

どうでしょうか?

パッと見て形はポールのピックと似ていますね。

 

ポールピックとの違い

ピックの長さ

形は似ていますが、やはり全く同じというわけではありません。

 

速弾きに使うピックを探している人は小さな違いでも気になると思いますので、形の違いが判るようにポールピックを上、赤いピックを下にして重ねてみました↓

 

pick-you03

*ピックのお尻側の位置は合わせています。

 

見ての通り、赤いピックの方が若干長いです。

計ってみたところ違いは1mm程でした。

 

ピックの形

横幅は同じくらいですが、最大幅の位置が違います。

 

ポールピックは横幅が一番広くなる部分がお尻よりになっているのに対して、赤いピックは少し先端よりになっています(上の写真でポールピックの両脇から赤いピックがはみ出ている事からもそれが確認できます)。

 

赤いピックの方がお尻に丸みを帯びているといいましょうか。

しかし逆に、ピック先端の形は赤いほうがシャープになっています

 

pick-you04

 

ピックの先端の違いは、ピッキングに大きく影響するのでこの部分が気に入るかがポイントになるでしょう。

 

メリット

このピックはポールピックの材質と違い、一般的なピックに使われている材質でできています

そのため、ポールピックの削れやすいという問題を回避できる事は間違いありません。

 

肝心のポールピックに比べてという点についてですが、これは私自身しばらくポールピックを使っていなかったのでなんともいえず…

 

最後に

このピックの正体ですが、FERNANDESから発売されているJanne Da Arcのギタリスト「you」のシグネチャーピックです。

 

見つけたのはたまたまで、たまにはいつもと違うピックを試してみようかと楽器屋へ寄ってみたときに、なんかポールピックっぽいのがあるなと目に入ったのがこれでした。

 

アーティストモデルだと手が出しづらいと思う人もいるかもしれませんが、本当に形は似ているのでポールピックで削れるのに悩んでいる人は1度試してみてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ