【ギター初心者】演奏中にずれない正しいピックの持ち方

初心者でもわかるネックの握り方でギターを弾く際の左手の使い方をご紹介させていただきましたが、実際に音を出すためには右手で弦を弾く必要があります。

 

その弦を弾くときに使うのがピックです。

ネックの握り方が分かったら、ピックの持ち方を覚えましょう。

 


スポンサードリンク

ピックの持ち方

例として、一般的なピックの持ち方をご紹介します。

ここではティアドロップ型のピックを使いますが、使うピックは好きなもので構いません。

 

①人差し指の側面にピックを乗せる

pick01-1apick01-2

人差し指が向いている方向とピックの先端の方向が同じ向きになるようにします。

 

②親指ではさむ

pick01-3

 

①の状態が出来たら親指でピックをはさみます。

 

持ち方のポイント

ピックを持つときに深く持ってしまう人がいますが、最初はピックの中心を持つようにしましょう

 

ピックを深く持つ=ピックの先端をあまり出さないようにして持つと小回りがきくため、細かい動きがしやすくなります。

しかしその反面コード弾きがしづらくなり、その他にも人差し指の爪が弦に当たってしまう等問題が出てきます。

 

とはいえ絶対に中心を持たなければいけないわけではないので、ピックの中心を持つのと深く持つのを弾き比べてみてください。

 

演奏中にピックがずれる?

ギターを弾いている最中にピックがずれてくる事がありますが、この場合ピックの持ち方が悪い事が考えられます。

 

正しい持ち方が出来ていれば力を入れていなくてもピックがずれる事はありませんので、ピックの中心を持てているか確認しましょう

 

どうしてもずれてしまう場合には滑り止め付きのピックを利用するのも良いですが、これは根本的な解決にはなりません。

実際に滑り止め付きのピックを試しても全く改善されなかったのですが、その後ピックの持ち方を見直したら滑り止めが無くてもずれなくなりました。

 

ピックがずれてくる事で悩んでいる場合は、ピックの持ち方を見直してみて下さい。

 

最後に

最後にひとつ、記事のタイトルに「正しいピックの持ち方」と書きましたがピックの持ち方に正解はありません

あるのは、基本的な持ち方だけです。

 

プロのギタリストでも変わった持ち方をしている人もいますし、自分に合ったピックの持ち方があればそれで構いません。

 

ただし、あまりにも変わったやり方をしていると結局後で修正する事になるかもしれませんので、一応基本はこんな感じなんだと覚えておいてください。

実際の弾き方についてはコチラを参考に ⇒ 初心者でもわかる右手の弾き方2つのコツ

 

また、ピック1つで弾きやすさも変わってきますので、色々なピックを試してみましょう。

参考:初心者におすすめのピックの種類と選び方

参考:プロのギタリストでも違う3つの変わったピックの持ち方


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ