【ギター】ボルトオンとセットネックとスルーネックの違い

初めて買うギターを選ぶとき、多くの人は見た目で選ぶと思います。見た目が気に入ったギターが一番なのでそれは悪い事ではありません。

 

しかし、裏側を気にした事があるでしょうか?

 

裏側を見てはじめて分かるのがギターの作り、ボディとネックがどのように付いているかです。この部分も弾きやすさに関わってきます。

 


スポンサードリンク

ネックの付き方

ネックの付き方には3通りあります。

 

ボルトオン

セットネック

スルーネック

 

それぞれの違いを見ていきましょう。

 

ボルトオン

ストラトなどFender系のギターによく見られる構造で、ネックをネジ止めすることでボディとくっつけているものです。

 

2015y03m04d_143233831

 

ネックの付け根に銀のプレートがあり、その四隅にネジが付いているのがわかります。

 

セットネック

レスポールなどGibson系のギターに見られる構造で、ネジを使わずにネックとボディを接着しているものです。

 

2015y03m22d_152250184

 

ちょっと見づらいですが左上がボディとネックの結合部分。ネジが使われていません。

 

スルーネック

ボルトオンやセットネックではボディとネックが別々にあり、それらをどうくっ付けるかというつくっ付け方の違いでしたが、スルーネックは根本的に違っています。

 

ネックからボディまで1本の木で作ってしまい、ボディの部分に肉付けするという方法です。

 

throughneck00throughneck01a

 

灰色で塗った部分を後からくっつける事で1つのギターを作り上げます。

 

右の写真を見ると明らかにネックとボディ両サイドの木目が違いますが、後から別の木材をくっつけるため木目が見えるカラーではどうしてもこうなってしまいます。

 

スルーネックに使われる名称

この後からくっつける部分をウィングと呼びます。

 

スルーネックのギターで「ウィング材は〇〇です」と書かれていたら、この両側の部分の事です。

 

ネックの付き方による違い

これらは弾きやすさや音、メンテナンスのしやすさに関わります。

 

・弾きやすさと音

スルーネック>セットネック≧ボルトオン

*好みもあるので違いはあってないようなもの

 

メンテナンスのしやすさ

ボルトオン>>>セットネック>>>スルーネック

 

スルーネックがいい理由

スルーネックはネックとボディが1本の木で出来ているため、ボルトオンやセットネックと違いボディとネックの結合部がありません。そのためハイポジションにもスムーズに手が持っていけるため非常に弾きやすいです。

 

さらに、一本の木で出来ている事で音の伝達のロスが少なくなるため音がいいといわれています。

 

ただし、

じゃあプロは皆スルーネックのギターを使っているかというそんな事はありません。むしろスルーネックを使っている人の方が少ないです。

 

また、スルーネックのギターは高いですし、そんなにあるものではありませんので特に気にしなくて大丈夫です。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ