【ギターの弾き方】握る?挟む?初心者でもわかるネックの握り方

ギターは右手でピックをもって左手で弦を押さえるんだということはわかると思います。

 

しかし、はじめてだとよくわからないのが左手の使い方、いわゆるネックの握り方

問題なく弾けているようなら特に気にする事はありませんが、ネックの握り方がわからないという人は是非読んでいってください。

 


スポンサードリンク

ネックの握り方の種類

ネックの握り方には大まかに2通りあります。

握りこむタイプ挟むタイプです。

 

まずは、それぞれの違いを見て見ましょう。

 

・握りこむタイプ

2015y03m07d_163454941-1

 

挟むタイプ

2015y03m07d_163500940-1

 

握りこむものでは親指がネックの上から見えていますが、挟むものでは親指は見えていません。

親指がどこにあるかというとネックの裏側です。

 

ネックの裏側

握りこむタイプ

rockform

 

・挟むタイプ

classicform

 

これだと、挟むのがよくわかると思います。

 

使い分け

まずはこの2つを試してみてください。

 

ギターを弾く事を考えないなら、ただ握るだけの握るタイプの方が楽だと思うかもしれません。

しかし、実際にギターを弾く=弦を押さえるとなると、親指が出るくらい裏側に手を回しているため肝心の表側に指が届きません

 

そのため、よほど手が大きくない限りは挟むタイプの方が楽ですので、まずは挟むタイプで練習してみて下さい

ギターをはじめたばかりでは、手が小さい事や指が短い事を気にする人が多いですが、そういう人ならなおさらです。

 

握りこむタイプのメリット

私は基本的に挟むタイプですが、状況に応じて握りこむタイプも使いますし、私だけでなく多くのギタリストが状況に応じてこの2つを使い分けています。

 

なぜなら、どちらにもメリットがあるからです。

挟むタイプのメリットは上に書いたとおり、弦を押さえるのが楽な事。

 

握るタイプのメリットはと言うと、握りこんだ親指を支点にする事でチョーキングやビブラートがやりやすい事です。

 

rockform-merit

 

挟むタイプだとこの親指のように支点になるところがないため、弦を上下に揺らすチョーキングやビブラートがやりづらくなってしまいます。

そのため、ほとんどのギタリストが一方の形でしか弾かないわけではなく、この2つを使い分けています。

 

最後に

ちなみに握るタイプをロックフォーム(ロック式)、挟むタイプをクラシックフォーム(クラシック式)といいます。

 

練習しているうちに、普段はクラシックフォームでもチョーキングの時にはロックフォームになるなど、自然と自分に合った使い分けをするようになりますが、最初はあまり気にせずに弾きやすいほうで練習をはじめましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ