【爪割れ対策 】女性ギタリストのための爪のお手入れや補強方法

一言でギターといってもエレキギターとクラシックギターでは爪の扱いが全く違います。

エレキギターはピックを使って弾きますが、クラシックギターはピックを使わずに爪で弦を弾くため、爪がギターを弾くための重要なポイントになっているからです。

 

そのため、クラシックギターの奏者は爪を短く切るだけではなく、爪で弾きやすいように長さを調整したり割れないようにケアをしたりしています。

エレキギターならそこまでしなくてもと思うかもしれませんが、ピッキングをするときに弦に爪が当たって削れてしまったり割れてしまったりすることもありますので豆知識程度に覚えておきましょう。

 


スポンサードリンク

爪を割れにくくする方法

クラシックのギタリストは爪が割れないようにするために補強剤を塗っているようですが、調べていたら面白いものがみつかりました。

 

アロンアルファ

 

ネタかと思ったのですが、実際にクラシックギター奏者も使っているらしく、クラシックギター用品を扱っている通販ショップでも見つかりました。

アロンアルファを爪に塗ることで弦にぶつかっても簡単に傷ついたり割れたりしいないようにしているようです。

 

もちろん全員がアロンアルファで済ませているわけではありませんし、女性のお手入れにアロンアルファは勧められません。

それ以外には、アクリルパウダーを表面に塗ったり、爪用のベースコートを塗ったりとありましたが、中でも目を引いたのがコチラ

 

カイナ・マットベースコート ザ・ギタリスト

2015y02m12d_213150338

名前のとおりギタリスト向けに作られた爪用ベースコートで、ギタリストの沖仁さんが監修されているとの事。

爪の色に近い色をしており、使用しても目立たないように作られているようです。

 

爪のケア用品でギタリスト専用に作られているものは他に見当たりませんでしたので気になりますね。

 

爪のケア用品

補強する以外に爪を割れにくくする方法として、オイルを使う方法があります。

オイルが爪に浸透し乾燥をを防ぎ、爪を割れにくくしてくれます。

 

この仕組み、エレキギターでも思い当たりませんか?

指板が乾燥すると割れてしまうのでレモンオイルやオレンジオイルを塗った方がいいと言われているのと同じです。

 

オイルの中で目を引いたのがアウラが販売しているスクワランネイルオイル。

サメの肝油から取れるスクワレンという成分から作られるもののようで、美容オイルとしては有名なもののようです。

 

 最後に

爪の形を整えるやすりはヘンケルスというメーカーが有名なようで、1,000円~2,000円で購入できます。

色々調べてみましたが、爪のグッズはギター専用のものをと考えるのではなく、美容品を扱っているお店に行ったほうが見つけやすいのではないかと思いました。

 

エレキギターあれば爪を使う事はないのでここまで気にする必要はありませんが、もし弾いているうちに爪が削れたり割れたりするようであれば美容品店に行って爪のケア用品を探してみましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ