テレビを見ながらアドリブに強くなる上手な「ながら練習」のやり方

【ギターが上手くなる「ながら練習」と下手になる「ながら練習」】において、ながら練習について好意的でない意見も書きました。

しかし、ながら練習が絶対の悪ではありませんし、やらない方がいいよと言われてもやってしまう人もいるでしょう。

 

なので、どうせするんだったらその環境を最大限活かした練習をしましょう。

 

普段はおすすめできないテレビを見ながらのながら練習ですが、視点を変えるだけでとても難しく役に立つ練習に早変わりします。

 


スポンサードリンク

役に立つながら練習

ながら練習をする場合、ほとんどの人がテレビの音とは無関係にギターをかき鳴らしていると思います。

 

しかし、テレビから音が流れているのにそれを使わないのはもったいない。

という事で、テレビから流れている音楽に合わせて弾くようにしましょう

 

テレビ本編ではBGMが流れている時もあるでしょうし、CMはCMで大抵はBGMがついています。

その音楽を耳コピするのもいいですし、その音楽をバックにして音が外れないように違うフレーズを弾くのもいいでしょう。

 

練習のメリット

書かなくても分かると思いますが、音感が鍛えられ耳コピの上達はもちろんアドリブに強くなります

 

アドリブの練習をする場合、ロックなどではAmやEmなどと言った定番のキーがありますが、そのキーでばかり練習してしまい、他のキーになると途端に対応できなくなってしまう人が多くいます。

 

もちろん、自身で気をつけて色々なキーを練習出来ればいいのですが、それでも自分で練習曲を決めた場合、その曲のキーが頭に入ってしまっているのでAm、Emから〇フレット分動かしただけと単調になってしまいがちです。

 

しかし、はじめて聴いた曲では当然、曲の情報が何も無い状態でアドリブをしなければなりません

特にCMはころころ変わり、その旅に違うBGMで練習する事になるので単調になることもありません。

 

そのため、ギターを弾く上でとてもいい練習になります。

 

まとめ

誰だったかは忘れてしまったのですが、プロのギタリストでもこのような練習していたようです。

 

しかし、ここまでくるともう「ながら練習」ではなく普通の練習と言えるでしょう。

ながら練習をしている人は、是非この練習を取り入れてみてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ