ギターが上手くなる効率的な「ながら練習」のポイント

ギターが上手くなる「ながら練習」と下手になる「ながら練習」ではながら練習の問題点を取り上げました。

 

それでも全くギターを弾かないよりかは、ながらでもした方がいいんじゃないかと思う人も多いでしょう。

上の記事でも書いたとおり、全ての人にとってながら練習が悪いわけではありません。

 

また、ながら練習の中でもおすすめできる練習もあります。

 


スポンサードリンク

ながら練習の問題点

ながら練習の問題点は右手と左手のシンクロ

なので、ながら練習の際には右手と左手のシンクロが関係しない練習を行いましょう。

 

右手を鍛えたいときは右手だけ。

左手を鍛えたいときは左手だけ。

 

別々にすることで、シンクロの問題を回避する事ができます。

 

右手のながら練習

右手の練習では、左手を使わないのでどの弦を弾くにしても全て開放弦を弾く事になります。

 

例えば、普段弾いているフレーズを右手だけで弾いてみましょう

左手は使わないので、動きだけ普段弾いているフレーズの通りに動かすという事です。

 

2015y03m05d_191120967

*1小節目のフレーズだったら2小節目のように弾く

 

弦移動時等にピッキングをミスすると思います。

右手だけでミスするという事は、当然左手と合わせたときにもしっかりピッキングできていなかったという事ですから、ながら練習をやめてそこをしっかり練習しましょう。

 

これはぜひとも行っていただきたい練習ですが、ながら練習で行う練習ではないので、ながらでやるならもっと単純に以下のようなものがおすすめです。

 

2015y03m06d_020845831

 

もちろんストロークの練習でもいいですが、ストロークの場合はそのまま開放弦を鳴らすと不協和音になりますしうるさいので左手でミュートしましょう。

 

左手のながら練習

左手のながら練習といえばやはりトリルピッキングを使わずに音を出すレガート奏法です。

 

トリルはハンマリングとプリングを繰り返すものですので、指が疲れるまでトリルを行いましょう。

トリルに慣れてきたら1つのポジションだけでなく、スライドを入れたりして移動していくとさらに役立ちます。

 

2015y03m05d_191724885

 

また、右手の練習と同じように、普段弾いているフレーズをピッキングせずに左手だけで音を出せるようにしましょう。

その際、左手だけでもノイズを出さないように弾く事が大切です。

 

最後に

私がよくやっていたながら練習は左手の練習です。

はじめはどうしても指が動きませんので、その指を動くようにするために左手のみの練習はとても効果的です。

 

ただし、やりすぎると左手ばかり動くようになって右手が追いつかなくなってきますので、ながら練習とは別にピッキングを練習する時間を作るようにしましょう。

また、どうせながら練習をするのであれば、テレビを見ながらさらにメトロノームを聞きながらやりましょう。

 

もちろん、一番いいのは「ながら練習」をしない事ですが、やり方によってはとても良い練習にもなります。

是非コチラも見ていってください。 ⇒ アドリブに強くなる「ながら練習」のやり方


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ