【ギター】弦移動フレーズを上達させるピッキングエクササイズ

色々なフレーズがありますが、ギタリストの多くは縦の動き=弦移動を伴ったフレーズに弱い気がします。

考えてみれば指は横並びについており、横移動(同一弦上)のフレーズの方が弾きやすいため必然的にそういったフレーズが多くなるのでしょう。

 

基礎練習を考えて見ても、1 2 3 4 といった横移動のクロマチックスケールが多く使われていますし、メジャースケールやマイナースケールを弾く場合でも同様です。

結果、縦の動きを使う事は少なくなり、苦手となってしまいます。

 

もちろんコードアルペジオで弦移動をする事はありますが、速弾き好きな人は難しいコードアルペジオの練習は疎かにしがちなため、速弾きだけでなくそういったことにも対応できるように縦移動を意識して練習しましょう。

 


スポンサードリンク

TAB譜

弦移動の練習①

2015y01m25d_183925942

 

弦移動の練習②

2015y01m25d_183936108

 

弦移動の練習③

2015y01m25d_183943441

練習のポイント

①は2音、②は3音、③は4音毎に区切られていると考えると弾きやすいです。

 

②に関しては3音に区切られているのを16分音符で弾く構成になっているので、ポリリズムの練習にもなります。

もし弾きづらければ16分音符を3連符に変換して練習し、それが弾けるようになったら上記のTAB符通りにも弾けるようにしましょう。

 

4音区切りまでしかTAB譜にはしませんでしたが5音区切り、6音区切りでも練習してみてください。

色々なTAB譜を載せていますがそれらをやって終わりではなく、そこからまた自分なりの練習方法を考え工夫するようにしましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ