【初心者】コードがとれない人でも簡単にできる耳コピの方法

ギターの練習はほとんどの人がコードを覚える事からはじめます。そのためコードは弾けるが、耳コピはできないという人は多くいます。

 

耳コピが出来るようになるためには難しい事は考えず、簡単なことからはじめましょう。

 


スポンサードリンク

あれは考えない

耳コピが難しい場合、考えなくていいのはギターの音です。

 

ギターの音をとるのに考えなくていいというのはおかしいと思うかもしれませんが、なぜならギターは音数が多いから。

 

弾いていわかるとおり、ギターの一般的なコードは3つの音、単純なパワーコードでも2つの音が鳴っています。そのため、慣れていないとこの音かな?と思ってそれが正解だったとしても、別の音も聴こえるためあれ?違うのかな?と迷ってしまうからです。

 

耳コピする音

では何の音をとるかというとベースの音

 

ベース音が複数なっていることはほとんどないので音が分かりやすく、その音がわかればギターのコードに置き換えるだけです。めんどくさく感じるかもしれませんが、耳コピに慣れなていない間はこの方が簡単です。

 

ただし、これは単純な曲の場合であって、ベースがあっちこっち動くような場合は素直にギターの音をとった方がやりやすい場合もあります。曲に応じてどっちが簡単にできそうか考え、臨機応変に対応しましょう。

 

これも考えない

コードにはメジャーコードとマイナーコードがあります。

 

曲の雰囲気を決定付ける重要な要素ですが、耳コピが出来ない場合はそのコードがメジャーかマイナーかは考えなくていいです。これもコードを弾いているとわかりますが、メジャーコードとマイナーコードでは手の形(=使っている音)が違います。

 

そのため、これらを区別しようとした場合、その違う音をとる必要が出てきてしまいます。本格的に行うならちゃんととる必要もありますが、できないうちに無理をする必要はありません。

 

あれこれ考えなくていい良い理由

あれこれ考えなくていいと書きましたが、このように考えなくてもそれっぽい雰囲気になります。この一番の理由は、完璧に弾こうとしてできないよりなんとなくでも弾いたほうが楽しいから

 

この楽しいからと言うのは本当に重要で、楽しいからこそもっと弾こうと思いますし、じゃあ次は完璧に出来るようにしようとがんばれます。その結果どんどん出来るようになりますが、逆にここで楽しいと思えないと上達せずに止まってしまいます。

 

スタジオが決まっていていつまでに耳コピをしなければいけない、という状況なら仕方ありませんが、まずは楽しむ事を考えましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ