【ギター】左手のミュートのやり方とコツ【弦の押さえ方】

きれいなギターの音出すためには、目的の音以外を出さないようにミュートする事が大切です。

 

ギターの上手な弾き方と弦の押さえ方でミュートについて簡単に触れましたが、実際にどのようにミュートをすればいいのか、そのやり方を覚えておきましょう。

 


スポンサードリンク

左手のミュート

以前触れたのが、指の腹を使ったミュート。ギターを弾くときによく「指を立てろ」と言われますが、これはコードを弾くときのお話。

 

単音を弾くときに指を立ててしまうとピッキングをミスした場合はもちろん、そうでなくても他の弦が共鳴してノイズが出てしまいます。

 

そういった余計な音が鳴らないように、人差し指の腹で軽く弦に触れましょう

 

人差し指の腹でのミュート

譜面①

2015y03m11d_150152990

 

指を立てたままだと1弦~5弦が鳴りたい放題な状態ですので、音が出ないように指を寝かせて弦に触れます。Fのバレーコードを弾くような感じですが、押さえると音が出てしまうので軽く触れるだけです。

 

コードを弾くように1弦~6弦全てをピッキングしても6弦の音しか出ない状態になっていればオッケーです

 

実際には、このようなフレーズを弾くときにそんなに大きくピッキングする事はありませんが、練習として1弦~5弦がきちんと音が鳴らない状態になっているか確認しましょう。

 

もう1つのミュート方法

弾くフレーズによっては別のミュートが必要になります。こんな場合↓

 

譜面②

2015y03m11d_190759382

 

5弦の1フレットを押さえる譜面です。5弦を押さえるので、1弦~4弦までは上に書いたとおり指を寝かせて弦に触れる事でミュートすることが出来ます。

 

しかし、これでは6弦に触れられません。というわけで押さえている指の位置を上にづらして、指先で6弦に触わりましょう

 

こうすれば押さえていない1弦~4弦、6弦を全てミュートすることが出来ます。これも5弦以外の音がならないように出来ているか1音1音確かめましょう。

 

最後に

指の腹を使ったミュート

指先を使ったミュート

 

左手を使ったミュートはこのように2つあります。

 

さらにもう1つミュートの方法はありますが、誰にも出来るものではなく、ネックの握り方に関係しています。どんな握り方かと言うとネックの上から親指を出すいわゆるロック式のフォームで弾いている人。

 

ロック式のフォームの場合には、ネックの上から出した親指で6弦に触れることでミュートすることが出来ます。ただし手が大きい人でないと難しいので、一応こんな方法もあるという事だけ覚えておいてください。

 

また、指を移動させる際のミュートについてはコチラをご覧下さい ⇒ ノイズを出さない左手の動かし方


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ