軽音楽部にありがちな機材の盗難を防ぐ2つの方法

部活中に注意しなければいけないのが機材の保管

高校の部活動になれば多くの部活が部室を持っていますので、私物を置いておく事ができます。

 

ギター等は重くて毎日持ってくるのは大変なので、部室に置きっぱなしにする人がますが盗難の可能性がありますので注意が必要です。

 


スポンサードリンク

ギターなんて盗まない?

盗まれるといってもギターは大きく目立つので、そうそう盗まれないんじゃないかと思うかもしれません。

半分正解で半分間違いです。

 

たしかにギターが盗まれる事もありますが、盗まれるのはギターではなくシールド(ギターとアンプを繋ぐコード)やエフェクターといった小物です。

 

なぜなら、ギターと比べて小さくてばれづらいから。

盗むほうもわかって盗んでいるんでしょう。

 

ギター本体には注意を払っていても、こういった小物類までは頭が回らない人が殆どです。

特に、こういった小物類をむき出しで置いてしまっていると盗まれやすいので、ギターケースや小物入れに収納するようにしましょう

 

盗む側の心理として、収納されているものよりむき出しで置かれているものの方が盗みやすいですし、わざわざ収納されているものを盗むのは避けますので盗難防止に役立ちます。

 

盗まれやすい人

どんな機材が盗まれやすいかと言うと、やはり高い機材です。

安い機材を危険を冒してまで盗むメリットはありませんので当然です。

 

ただ高い機材を持っているだけならよくあることですが、部活中などにそれをひけらかしてしまうのは要注意です。

妬みをかって盗みの標的になってしまう事もないとはいえません。

 

盗まれるからといって使わなければ本末転倒になってしまいますが、特に高い機材の場合には十分に注意しましょう。

 

まとめ

いつ自分の身に降りかかるかわかりません。

 

楽器は面倒でも持ち帰る

部室に置く場合はどこかに収納する

 

この2点に気をつけておけば、盗難のリスクを大分減らす事ができます。

もちろん、鍵がかけられる部室の場合は、複数人でしっかり鍵がかかっているか確認するようにしましょう。

 

また盗難があったとしても部活関係者とは限りません。

外部の人間の可能性もありますので安易に内部の人間を疑って人間関係がギクシャクしないようにしましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ