好きな曲が演奏できない?入部してがっかりする軽音楽部のジレンマ

意気揚々と入部した軽音楽部。

初心者お断りとなっているところはないと思いますが、実際に自分が思っていた活動を出来るかとなると話は違ってきます。

 

軽音楽部に入って、こんなはずじゃなかったとならないように少し心構えをしておきましょう。

 


スポンサードリンク

軽音楽部で演奏できる曲

軽音楽部にはいってはじめて練習をする場合、初心者のために簡単な曲を提示して最初は皆でこれをできるようになろうというケースもありますが、もちろん自分の好きな曲も練習できます。

とはいえ、いきなり曲は弾けないのでコードを覚えるという基礎からはじめ、わからないところを先輩に聞いたりして日々すごしていくわけですが、問題なのが軽音楽部の唯一の舞台となる文化祭です。

 

文化祭では自分が好きな曲が出来るとは限りません

バンドは複数人で活動するもので、メンバーそれぞれ好きな音楽が違うからです。

 

曲の決め方

軽音楽部に入るくらいですから、バンド形式のアーティストが好きというのは共通すると思いますが、バンド形式と言ってもポップ、ロック、パンク、メタルなどなど色々あります。

 

そのため、バンドメンバーでやりたい曲を出し合って決めることになりますがこの作業がまぁ大変。

よくあるのはメンバー一人ひとりがそれぞれやりたい曲を挙げる方法ですが、あれをやりたいだのあれはやりたくないだの皆言いたい放題です。

 

また、時間的な制限でどうしても挙げた曲を削らなければいけないという場合や、キーボードが必要な曲なのにキーボードを弾ける人がいないため除外されてしまう場合もあります。

 

このような事情ではどうしようもありません。

 

曲決め時の注意

演奏する曲を決める際、内気な人だと自分の意見を言えずに全然興味のない曲を練習する事になってしまい、せっかくのバンドなのにあまり楽しくないと感じてしまいます。

バンド=人付き合いですから多少は我慢しなければいけないところもありますが、我慢しすぎるとつまらなくなってしまいますので言うべきところははっきり言いましょう。

 

特に、パートが足りない場合には、誰かやってという流れになる場合がありますが、一時的に受けたつもりでもその後もずるずるとそのパートをやらされるはめになるので安易に引き受けない方が身のためです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ