【ギター初心者】チューニングの方法とうまくいかない2つの原因

ギターをはじめるにあたって最初に行って欲しい事はギター初心者が1番最初にやる事とは?で書きました。

ただし、ギターを弾く上で最低限知っておかなければいけないことがあります。

 

上記記事を書いた後にコチラを先に書けばよかったと思いました…お時間あれば合わせてお読み下さい。

 


スポンサードリンク

音を出す前に

ピアノと違い、ギター等の弦楽器はすぐに音がずれてしまう楽器です。

その名の通り弦が張ってある楽器なので、弦が伸びてしまうからです。

 

弾いているうちにずれてきてしまうのはもちろん、弾いていなくても気温の変化でずれてしまう事があります。

 

そのため、まずは正しい音が出るように調整しなければいけません。

この作業をチューニングといいます。

 

そのため、ギターを弾くにあたり一番最初に覚える事はチューニングのやり方です。

 

チューニングのやり方

チューナーの使い方

チューニングをするためには、チューナーとギターとチューナーを繋ぐためにコード(シールド)が必要になります。

ギターとチューナーをシールドで繋ぎ、その状態で弦を鳴らせば、鳴った音が「ドレミファソラシド」のどの音にあたるかを表示してくれます。

 

ちなみに、ギターには弦が6本付いていますが、チューニングをする時には1本ずつ音を出して合わせていきます

 

各弦の音

それぞれの弦は以下の音にあわせます。

6弦(太い弦)が一番上にあるので、6弦から順番に弾いて以下の音に合うようにペグを回しましょう。

 

6弦 = E

5弦 = A

4弦 = D

3弦 = G

2弦 = B

1弦 = E

 

音が表示されない場合

原因①

音が表示されない場合には、チューナーまで音の信号が届いていないのかもしれません。

 

ギターのボリュームノブを確認してみましょう。

ギターに↓な感じのくるくる回せるものがついています。

 

2015y02m27d_170854200

 

エレキギターではこのノブを使い、出力される音量を0~10まで変えられるようになっています。

これが0になっていたらチューナーが反応しませんので確認してみてください。

 

原因②

チューナーは音を拾える範囲が決まっています。

また、はっきりした音でないと識別できませんので、弦がだるんだるんの状態ではチューナーが反応しません。

 

弦の交換をしたばかりであれば、チューニングをする前にある程度ペグを回しておきましょう。

回しすぎると弦を切ってしまう事がありますので注意してください。

 

もし弦がちゃんと張ってあるのに反応しない場合は、少し強めに弦を弾いてみてください。

 

最後に

その他には、シールドが中で断線しており音が流せていないという可能性もあります。

しかし、こういったケースは殆どありません。

 

・ギターのボリュームが0に鳴っていないか。

・弦はある程度張られているか。

 

チューナーが反応しない場合にはこの2つを確認してみて下さい。

チューナーの画面自体何も表示されない場合は電池が切れていますので、電池の型番を調べて買いに行きましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ