【ギター】空ピッキングとは?右手で行うピッキングの名前や種類

ギターを弾く、音を出すためには左手で弦を押さえるだけではなく、右手でピックを持って弦を弾かなければいけません。このピックで弦を弾く動作をピッキングといいます。

 

このピッキングは、いくつか種類があり、練習する上でよく出てきますので覚えておきましょう。

 


スポンサードリンク

基本的なピッキング

ダウンピッキング

ピックを持った手を上から下へ振り下して弦を弾く方法。

一番最初は皆この動作をしたと思います。

 

アップピッキング

ダウンピッキングとは逆に、手を下から上へ振り上げて弦を弾く方法。

 

振り上げると言うと想像しづらいかもしれませんが、ダウンピッキングで下へ行ってしまった手を元の位置に戻す感じです。どうせなので、戻す時にも弾いてしまおうというもの。

 

オルタネイトピッキング

「オルタネイトピッキング」という弾き方があるわけではなく、ダウンピッキングとアップピッキングを交互に繰り返す事をオルタネイトピッキングと言います。

 

ギタリストの、最初の関門として立ちふさがります。

 

空(から)ピッキング

教則本などで空ピッキングと言う言葉が出てくる事があります。名前にピッキングと付いていますが、空ピッキングと書かれていた場合はピックを弦に当ててはいけません。

 

ピッキングをしないで、空振りさせましょうという指示になります。

 

空ピッキングの例

kara-picking

*赤がダウンピッキング青がアップピッキング

 

2小節目のように全てダウンピッキングで弾く場合、ダウンピッキングをした際に降ろした手を上に戻さないといけません。その時に、ピックを弦に当てずに手だけ戻す動作の事を空ピッキングといいます。

 

弾いてみるとわかりますが、空ピッキングを入れることで手の動きが細かくなります。このように弾かないところでも手を動かす事でリズムをとりやすくなるメリットがあります

 

また、2小節目の空ピッキングを入れたほうがギタリストっぽくてカッコいいので、上記の譜面のように空ピッキングの指示がなくても出来るところがあれば積極的に使っていきましょう。

 

その他

一般的にはこの4つを覚えておけば十分です。

 

実際のピッキングのやり方についてはコチラをご覧下さい。

初心者でもわかるギターの弾き方2つのコツ

ギターを上手に弾くためのピッキングのやり方

 

その他にはエコノミーピッキングスウィープピッキングと少し変わったものがあり、これらは主に速弾きで使われます。特殊なピッキングというわけではなく、あくまで基本的なピッキングを応用したものになりますので、まずはここに挙げたものを覚えておきましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ