【ヒールレス加工】ストラト系の弾きやすいギターの特徴【ボルトオン】

ストラト系のギターの構造はほとんどがボルトオンになっていますが、ボルトオンタイプのギターだとハイポジションを弾くときにちょっと弾きづらいと感じてしまいます。(ギターの構造についてはボルトオンとセットネックとスルーネックの違いを参考に)

 

その理由はボディとネックの結合部が邪魔になってしまうからですが、ボルトオンのギターでも弾きやすいものがあります。

 


スポンサードリンク

ボルトオンでも弾きやすいギター

ボルトオンだとどうして邪魔に感じてしまうのでしょうか?これはボディとネックの結合部の形に問題があります。

 

heelless

 

ネックを握るときはどうしても手が丸くなりますが、一般的なボルトオンのギターは上の図のように結合部が四角くなっています。そのため、そこに手がぶつかり邪魔だと感じてしまいます。

 

慣れてくれば気にならなくなりますが、丸くできるなら丸いほうがいいじゃない。という事で、ボルトオンのギターでもこの部分を削って弾きやすくしたギターがあります。

 

2015y03m23d_000200981

 

結合部の左上を見ると分かりますが、丸く削られています。

 

この加工をヒールレス加工といいます。

 

ストラトで有名なFenderのギターにはあまり見られませんが、メーカーによってはこのヒールレス加工を取り入れているところがあります。

 

ヒールレス加工のギターがよかった…

今持っているギターはヒールレス加工されていない…こんなギターがあるならそれにすれば良かった…と思うかもしれません、

 

そんな人でも安心してください。ヒールレス加工がされていないギターでもリペアショップで削ってもらう事ができます。いわゆる改造ですが、料金は1,5000円~20,000円くらい。

 

決して安いとはいえませんが、どうしても邪魔に感じるならリペアショップにお願いするのも1つの手です、

 

ただし元々あった部分を削るので、ネックが不安定になったり音が変わったりする可能性があるため、よほどでない限りおすすめはしません。

 

最後に

というわけでストラト系のギター、ボルトオンのギターを買う場合はこの部分も気にしてみてください。

 

しかし、加工する手間がかかっているので安いギターには中々見当たりません。欲しいギターがヒールレス加工されていればラッキーぐらいに考えておきましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ