弦交換に必要な道具とギターを傷めないやり方

ギターを弾いている人が必ず行うのが弦交換。

楽器屋でギターを買った場合には店員さんが弦の交換方法を教えてくれたり、弦交換サービスを行っていたりするお店もあります。

しかし、いつかは自分で出来るようにならなければなりません。

 

その弦交換の際に、必要な工具とあると便利なグッズを紹介していきます。

 


スポンサードリンク

最低限必要な工具

ニッパー

2015y02m09d_144506697

 

張ってある弦を切ったり、張り替えた新品の弦の余分な部分を切ったり。

ペグに巻きつけた弦をそのままにしていたり丸めていたり人がいますが、そのままにしておくと目に入ったりして危ないので必ず切っておきましょう。

 

六角ナット

2015y02m09d_144522047

 

フロイドローズというブリッジを使ったロック式のギターを使っている人は六角レンチがないと弦交換できません。

そういうタイプのギターを買った場合セットで付いている事もありますが、無い場合は別途購入が必要です。

 

あとはチューニングをするためにチューナー、または音叉が必要になります。

基本的に弦交換は古い弦を切って新しい弦を張るだけなので最低限以上のものがあれば大丈夫です。

 

あると便利なグッズたち

ストリングスワインダー

2015y02m09d_145244549

 

ペグは小さくて回しづらいですが、このストリングスワインダーをつける事によって簡単にペグを回せるようになります。

 

ネックレスト

2015y02m09d_145220721

 

レスポール等Gibson系のギターはストラト系のギターと違いヘッドに角度がついているため、そのまま地面に置くとネックに負担がかかり最悪壊れてしまいます。

それを防ぐのがこのネックレストです。

 

真ん中の窪みにネックを置くことで、ヘッドが地面に接触しないようにしてくれます。

弦交換だけでなく、指板の掃除をするときにも役立ちますし、特に 自分でピックアップの交換や、電装系をいじる人にはあると便利なグッズです。

 

最後に

ネックレストはリペアマン(ギターを修理する人)は必ず使っていますが、個人でギターを楽しんでいる人に必要かというとそんな事はありません。

 

わざわざ買わなくても、ネックの下に枕やクッションを置けばネックレストの代わりになります

他にも、椅子に座ってひざの上にギターを載せて作業する方法もあります。

 

ネックに角度の付いたギターの弦を交換する時にはそのように工夫しましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ