ギターの落下を防止するストラップロックピンのおすすめメーカー

立ってギターを弾くときに使うグッズがストラップ。

基本的にはストラップピンにはめるだけなので、ライブで観客を煽ろうと動いた時に外れてしまうこともあります。

 

ライブ中にストラップが外れてしまうとかっこ悪いうえ、ギターが落下しギターを傷つけてしまう恐れがありますが、それを防ぐためにストラップロックピンが必要になります。

 

このストラップロックピンは色々なメーカーから出ているのですが、なんでもいいかというとそうでもありません。

実際に使った中でこれはちょっと…というものがありましたので、これから買う人のために情報を共有したいと思います。

 


スポンサードリンク

Schaller(シャーラー)

2015y02m04d_110642190

私が最初に買ったストラップピンがSchallerです。

買った理由は有名だった事と、当時はこれ以外にストラップロックピンが販売されていなかったからです。

とはいえ、今も世界中で愛用している方が多いと思います。

 

が、実は一番駄目なのがこいつです。

 

Schallerのデメリット

問題はロックする仕組み、というかその構造です(仕組みと構造は同じ?)

 

2015y02m04d_110725977

 

説明書があったので見るとわかりやすいと思いますが、

ストラップをナットで締めて固定する方式になっています(赤丸で囲った部分)。

 

が、弾いているうちにナットがゆるくなってきてストラップが外れます

演奏中に動いたその振動などでナットがゆるくなってきてしまうからでしょう。

ロックピンというんだったらこのナットをロックしないと…

 

Jim Dunlop(ジムダンロップ)

2015y02m04d_121005565

 

続いて買ったのがJim Dunlop。

 

着脱は真ん中に出っ張りを押すことで行えます。

Schallerと違い勝手に外れてしまうような構造上の問題はありません。

 

ただし、昔ギターをひざの上に縦において弾いたとき、ピンポイントでその出っ張りと接触して外れそうになったことがあります。

外れていないですし、そんな状態になる事はまず無いでしょうから気にしなくていいでしょう。

 

Ernie Ball(アーニーボール)

2015y02m04d_114243008

弦で有名なErnie Ballですがストラップロックピンもだしています。

これが一番おすすめです

 

写真ではわかりづらいですが、上下に黒い部分があり(赤丸で囲った部分)、着脱に関してはこの2点を同時に押す必要があります。

ギターを弾いている最中に2点を同時に押すという状況はまずありえないためこれに決めました。

実際に今も使っているのですが、全く問題ありません。

 

ただし、Jim DunlopとErnie Ballについて

Jim DunlopとErnie Ballについて1つだけ気になるかもしれない点があります。

2015y02m04d_114328248

ロックピンが通常のストラップピンの上にくっつくような形になりギターとのストラップの距離が遠ざかるため、若干見栄えが悪いと思うかもしれません。

演奏上は問題ありませんが、見た目を気にする人も多いと思うので一応。

 

まとめ

というわけで、おすすめなのがErnie Ball、次いでJim Dunlopになります。

 

私が使った事がないので触れませんでしたが、最近はHENNESSEYというメーカーがあります。

ただ構造を見るとSchallerのようにストラップを締めて固定するタイプのようなのでSchallerと同じ問題がありそうです。

 

私が使った事がある金属製のストラップロックピンを書いてみましたが、値段は高いのが難点ですね。

金属製の方が見た目がいいので好きなのですが、安いものでも効果のあるものはありますので機会があれば書いていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ