ロックピン不要!安くて便利なおすすめストラップロック

ストラップの落下を防ぐグッズはストラップロックピンストラップロックの2つあります。

 

ストラップロックピンはもともとギター本体についているストラップピンごと交換するため、取り付けが面倒で値段が高いと言うデメリットがあります。

ストラップロックはそこまでの手間が要らず、今つけているストラップの上から蓋をするように取り付けるだけで簡単かつ安く済ませる事が出来ます。

 

ストラップロックピンについてはおすすめのストラップロックピンで紹介していますので、ここではストラップロックについて触れていきたいと思います。

 


スポンサードリンク

Jim Dunlop

2015y02m04d_221059144

Jim Dunlopはストラップロックピンも出していますが、ストラップロックも出しています。

ストラップロックの方が有名、といか楽器屋によくおいてあるので見た事がある人もいるのではないでしょうか。

 

写真だとわかりづらいですが、二重になっており上の部分をずらすと大きい穴が表れます。

そこにストラップピンに通してて元に戻すと言う構造です。

 

プラスチック製ですがとても頑丈ですし、肝心のロック機能もしっかりしています。

1個300円なので、通販で買う場合は2個頼みましょう。

 

HARRY’S STRAP RUBBER

2015y02m04d_221833152

昔は上に挙げたJim Dunlopくらいしかストラップロックがなかったのですが、最近出てきたのがこのHARRY’S STRAP RUBBER。

 

使い方はストラップの上からストラップピンに通すだけで、特別な構造をしているわけではありません。

5円玉ストラップロックと同じ原理です。

 

つけるのが大変?

HARRY’S STRAP RUBBERを買ってみましたが、少し苦労したのがストラップピンへの取り付け。

ゴム製なので伸びると言えば伸びるのですが中々きつく、結構力が必要になります。

つけてしまえば外れにくいという事なので悪い事ではありません。

 

そのためロック機能自体は問題ないのですが、ゴム製で滑りづらいためストラップの動きが鈍くなります。

演奏中によく動く人が今までどおりにやろうとするとストラップがついてこないので慣れが必要です。

 

他のストラップロックに無い良い点は、色が色々選べる事ですね。

ギターに合わせて楽しめますし、女子高生など女の子に人気が出そうです。

 

値段は2個セットで500円のためJim Dunlopより少しお得です。

 

まとめ

ストラップピンはそんなに多くないので以上になってしまいますが、よく動いたりする人、もしくは黒でもいいという人はJim Dunlop、ギターに合わせて色を選びたいと言う人はHARRY’S STRAP RUBBERを選びましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ