機械式(振り子)と電子式どちらがおすすめ?メトロノームの選び方

基礎練習から曲の練習まで、正確なリズムで演奏するために必要なメトロノーム。

これからメトロノームを買う人もいると思いますが、メトロノームにはいくつか種類があり、それぞれメリットとデメリットがありますのでそれらの違いを知っておきましょう。

 


スポンサードリンク

メトロノームの種類

機械式(振り子)

一般的にメトロノームといえばこちら。

2015y02m15d_182802958

小学校や中学校のときに音楽室で見たことがある人も多いと思います。

よくあげられているメリットに

 

・複数人で利用できる

振り子の動きが見えるのでリズムをとりやすい

 

という点があります。

 

後者はよくこのメトロノームのメリットとして挙げられるのですが、振り子を目安にしてしまい自分でリズムを考えなくなってしまうため個人的にはおすすめできないと思っています。

 

また、ぜんまい仕掛けになっているため途中で止まったり、長く使っているとへたって正確なリズムが刻めなくなってしまう、水平なところに置かないと使えないというデメリットがあります。

 

電子式

その後登場したのが電子式メトロノーム

2015y02m15d_203318903

私はこのタイプを使っています。

 

イヤホンを繋げて使えるので夜中にも使えます

バンドマンの多くはこのタイプを使っているのではないでしょうか。

 

音を出しても使えますが、機械式の物ほど音が大きくないため生音の大きいアコギやヴァイオリンなどを弾く人には向きません。

振り子式と違って電池さえ持てば、いつでも正確なリズムを刻んでくれますし場所をとらないこともメリットです。

 

使っていてデメリットは感じませんので、電池が切れてもいいように予備の電池を買っておきましょう。

イヤホンは別売りの場合が多いので購入の際はよく確認してください。

 

ソフトやアプリ

最近ではソフトやアプリで無料で使えるメトロノームもあります。

パソコンでもスマホ(アンドロイド、i phone)でも探すとすぐに出てきますが、パソコンのOSによって動かなかったり、使っている人の感想で何かおかしいと感じる人がいたりします。

 

無料でとても便利だと思いますし、使用上大きな問題があるとは思いませんが、おすすめはしません。

 

まとめ

というわけで、おすすめは電子式メトロノームになります。

個人で練習する上でこれで困る事はありません。

 

また、電子式メトロノームがおすすめの理由として振り子式より設定できる速度の範囲が広いという点が挙げられます。

振り子式が設定できるBPMは40~208となっていることが多いですが、機械式では30~250ぐらいまで設定ができます。

 

BPM30なんて使わないと思うかもしれませんが、それをつかった練習方法などもありますので興味があればそちらも見ていってください。

⇒ メトロノームの使い方やリズムトレーニングについて

 

私はメトロノームを購入するにあたり、部屋にあるとかっこいいなぁと思った事から振り子式メトロノームを考えていたのですが、書いたとおりいろいろなデメリットがあったので止めました。

あと振り子式は電子式より値段が高いです(振り子3,000円以上、電子式1,000円程度)。

 

なんにせよメトロノームは練習する上で絶対にあった方がいいので1つ持っておきましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ