ギターの掃除やメンテナンスに、あると便利なギターグッズ

安いギターから高いギターまで色々ありますが、値段や良い悪いに限らず、自分が使っているギターは愛着がわくものです。

 

そんな愛着のわいたギターをより大切にするために、たまにはメンテナンスをしてあげましょう。

といってもそんなに大掛かりな事ができるわけではありませんが、ギターの掃除をするにも専用の商品がありますのでこんな物があるんだと知っておきましょう。

 


スポンサードリンク

クロスとポリッシュ

あると便利なのがクロス、クロスは布という意味ですがそのまんま布です。

2015y02m08d_145545797

ただし、もちろんただの布ではなくギター用に作られたものです。

めがね拭きと同じように洗うとただの布になってしまうので注意

 

・弾き終わった後に弦を拭く。

・クロスにポリッシュや、レモンオイル等をつけて本体やパーツを拭く。

 

といった使い道があり、上記を使い分けるために複数のクロスを持っている人もいます。

クロスを持っていたら是非行っていただきたいのが前者。

 

なんで?と思われるかもしれませんが、弦は手の油によってすぐに錆びてしまいます。

演奏後に弦を拭くことで油をとって錆びにくくしてくれますので、弦の寿命も延びて経済的にもお得です。

 

レモンオイルやオレンジオイル

演奏後にクロスを使って弦を拭いたりボディを拭いたりする人はいますが、気軽に掃除できないのが指板。

その掃除に使うのがレモンオイルやオレンジオイルです。

 

2015y02m09d_153804318

 

指板は乾燥すると割れてしまう事がありますが、これらをクロスに付けて掃除を拭く事で指板にオイルが染み込み乾燥を防いでくれます。

綺麗になるだけではなくメンテナンスにもなり一石二鳥です。

 

ボディの掃除に使う事もありますが、オイルの種類と塗装の種類には相性があり、相性が悪いと塗装を落してしまう事があります。

商品の注意書きのところに〇〇塗装には使わないで下さい等書いてありますので、購入時は見落とさないようにしましょう。

 

クロスのところで出てきたポリッシュも似たようなものですが、それも購入には注意が必要なので気になる人はコチラへ ⇒ ギターに傷をつけないおすすめのポリッシュ

 

接点復活剤

アンプを通して弾いている時に、ガリノイズ(ガリガリッというノイズ)が出たときに使うのがこの接点復活剤。

2015y02m09d_155425900

ガリノイズが出る原因は、ギターのジャックなどの接点が汚れている事がほとんどなので、そこに接点復活剤をつけて何度かシールドを抜き差しする事で解決します。

ジャック以外にも、ギター本体のボリュームやトーンを操作したときに出るノイズも同じなので、その場合はポットに接点復活剤をつけてノブをグリグリ回しましょう。

 

それでも解決しない場合は、パーツが損傷している可能性がありますのでパーツ交換が必要になります。

 

まとめ

ギターを長く使っているといろいろな問題が出てくると思いますが、基本的なメンテナンスは以上です。

 

レモンオイルのところで書いた指板の割れについてですが、実際に指板が割れたと言う人は周りにいませんので、よほど乾燥した地域でなければ気にしなくていいかもしれません。

また、塗りすぎも逆効果になってしまったり、中には塗らないほうがいいという人もいますので、あえて手を出さなくてもいいでしょう。

 

これ以上の事、例えばネックの異常などを慣れない人が直そうとすると悪化してしまいますので、そういった場合は無理にやろうとせず、近くの楽器屋や専門のリペアショップに相談しましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ