滑らない革(レザー)製ストラップをおすすめするもう1つの理由

ギターを立って弾くときに必要なストラップ。

 

無地のもの、かわいいもの、アーティストのシグネチャーモデル、中には演奏中にストラップが外れないようにロック機能のついたものもと様々な種類が発売されています。皆さんはどんなストラップを使っているでしょうか?

 

一般的にストラップはギターの高さを調整するものです。しかし、ストラップには高さ以外に演奏性を向上させるもう1つのポイントがあります。

 


スポンサードリンク

ストラップ選びのポイント

そのポイントはストラップの素材です。ストラップに使われている素材は主にナイロンと革(レザー)になります。

 

ナイロン製のストラップが多いメーカー

・ディマジオ(Dimarzio)

・ジム・ダンロップ(Jim Dunlop)

・アーニーボール(Ernie Ball)

・フェンダー(Fender)

 

革製のストラップが多いメーカー

・ライブライン(Live Line)

・レヴィース(Levy’s)

 

ざっと思いついたのを挙げてみましたが、もちろんこれに限りません。

 

一般的にナイロン製の方が安く革製の方が高くなっており、革製の場合高いものは1万円を超えるものもあります。ちなみにイングウェイ等、私が好きなギタリストがよく使っているのはディマジオのロック機能が付いたストラップでナイロン製です。

 

ではこのナイロン製と革製どちらがいいのかというと、革(レザー)のストラップです。なぜかというと滑らないから。

 

滑らない事によるもう1つのメリット

滑らないメリットと言うと、演奏中、例えばライブで激しいアクションをした時でもギターがずれないという事が思いつくと思います。

 

もちろんそれもありますが、もう1つ別のメリットがあります。

 

それに関わってくるのがヘッド落ち。

 

SGタイプのギターによく見られる現象で、ギターを構えたときに重心がボディ側ではなくヘッド側にきてしまい、ヘッドが下がってきてしまうというものです。

 

ヘッド落ちのデメリット

ヘッドが下がってしまっては演奏できません。となると、ヘッド落ちを防ぐために左手でネックを支える必要があります。つまり、左手にフィンガリング以外の余計な仕事をさせてしまいます。

 

ギターを弾くにあたって、極力左手に無駄な事をさせないよう、負担を減らしたほうがいいのは当然ですからこれは大問題です。

 

実際にアラン・ホールズワースというギタリストはヘッド落ちを理由にSGからギターを変更しています。*ヘッド落ちを気にしてかヘッドレスのギターに変わりました↓。

 

2015y02m28d_190131906

 

*SGなどのヘッド落ちで悩んでいる場合にはコチラへ ⇒ SGをヘッド落ちしないギターにする3つの方法

 

まとめ

ヘッド落ちをするギターはあまり多くないですが、ヘッド落ちしないとしてもリズムを取るために体を揺らした際にギターがずれてしまう事もあります。

 

このような無用なずれを防ぐだけでなく左手の負担を減らしてくれるため、革製のストラップがおすすめになります。

 

最後に

私はヘッド落ちしやすいといわれているSGを使っているのですが、最初に買ったストラップがたまたま革製のものだったのでヘッド落ちを気にした事がありませんでした。

 

しかし、その後ナイロン製のストラップに変えたときにすごい違和感を覚えたので、革製のものの効果を実感してすぐに戻しました。

 

革製でなくても滑り止めが付いたストラップがありますのでそれでもいいと思います。今使っているものを捨ててまで買う必要はありませんが、買い換える場合には革製のストラップや滑り止めのついたストラップを検討してみてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ