ジョン・ペトルーシ愛用 速弾き定番ピック、JAZZⅢの種類と違い

速弾きにはどんなピックがいいのかという話になると定番なのがJazzⅢです。

 

一言でJAZZⅢと言っても実は色々な種類があり、また色が違うだけかと思いきや形が違うものや、材質が違いピッキングの感触や出音が違うものもあります。

全部のJAZZⅢを使った事があるわけではありませんが、使った事のあるものと未知のJAZZⅢについてまとめてみました。

 


スポンサードリンク

JAZZⅢの種類

JAZZⅢ 黒

定番

小さいので小回りがきくけど小さすぎてコードストロークがやりづらく感じました。

 

JAZZⅢ 赤

形は黒と同じだが素材が違いヌメッとした手触り。

そのため弾いた感触や出音が変わってきますが、黒の方がパキッとクリアではっきりした音がするため好きです。

 

MAXGRIP JAZZⅢ

滑り止めがついたJAZZⅢ、それ以外は普通のJAZZⅢと同じ。

JAZZⅢはもともとピックの表面に凹凸(JAZZⅢやJim Dunlopのロゴ)があるので若干滑り止め効果はありますが、それでも小さくて滑りやすいという人はこちらを試してみましょう。

 

JAZZⅢ XL

大きくなったJAZZⅢ。

大きくなったらもうJAZZⅢじゃないと思うんですが、割と使っている人もいるみたいです。

私はいらないなと思いました。

 

ULTEX JAZZⅢ

ULTEXという新素材を使ったJAZZⅢ。

ULTEXは人の爪に近い素材との事で、たしかに弾いた感触が違います。

JAZZⅢ黒ほどパキッとし過ぎない感じでには一番好きです。

 

黒色と肌色っぽいのがありますが、なぜか黒は滑るので肌色の方がおすすめです。

厚さも1.38mmと2.0mmがあるので購入時は注意してください。

 

JAZZⅢ ジョン・ペトルーシモデル

ドリームシアターのギタリスト、ジョンペトルーシのシグネチャーモデル。

 

もともとペトルーシはJAZZⅢを使っていたのですがついにシグネチャーモデルが出ました。

私はジョン・ペトルーシが使ってると知ってJAZZⅢを使い始めたので、このシグネチャーモデルも買ったのですが、普通のJAZZⅢの方が使いやすかったです。

 

JAZZⅢ エリックジョンソンモデル

エリックジョンソンのシグネチャーモデル。

有名なバンドがわからないのですが、クリフオブドーヴァーを弾いているギタリスト。

 

使った事がないのでなんとも言えないのですが、JAZZⅢの中では評判がいいモデルです。

調べたところ若干形が違うみたいです。色は赤のみ。

 

 おすすめのJAZZⅢ

お勧めはULTEX JAZZⅢ、もしくはJAZZⅢ エリックジョンソンモデルの2つですね。

使ってないのに後者お勧めするのはなんですが。

 

その他に、速弾きで定番なのはポールギルバートのピック。

確かに弾きやすいんですが、やたらガリガリ削れるので辞めました。

 

ちなみにここまで書いておいてなんですが、JAZZⅢは小さすぎてカッティングがしづらいので今はULTEXのティアドロップ(シャープ)を使っています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ