自宅練習におすすめの足台と代わりになるもの

胡坐をかいた上でギターを弾いたり、椅子に座ってギターを弾いたり、部屋の環境によってギターを弾く姿勢は色々ありますが皆さんはどのようにギターを弾いているでしょうか?

 

私は椅子に座ってギターを弾いているのですが、椅子に座ってギターを弾くときにギターが弾きやすくなる便利なグッズがありますのでご紹介させて頂きます。

 


スポンサードリンク

椅子で弾く場合の問題点

椅子を使う場合、右足を左足に乗っけてギターを弾く人が多いと思います。

これは、両足を床に着けたままだとギターの位置が低くて弾きづらいためです。

 

これを解決してくれるのがフットレスト

2015y02m11d_145302763

横文字だとカッコいいですがただの足置きです。

 

フットレストを足元に置くことで、ギターを弾きやすい高さに持ってくること出来ます。

その他にも、足を交差していたために起こっていた足の痺れを無くす効果があります。

 

高さの調節は何段階かに限定されているもの一定の範囲内なら自由に調整できるものがありますが、高さを自由に調節できるものの方がいいのでを購入する際はこの点に注意しましょう。

 

フットレストの代わりになるもの

フットレストは1,000円~3,000円ほどで買えますが、買うほどの物かと聞かれたら買わなくていいと答えます。

なぜなら、フットレストの代わりになるものはいくらでもあるから

 

要は足元において高さをかせげればいいのですから、要らなくなった雑誌を数冊重ねるなどで対応できます。

 

ただ、私は雑誌を踏むのに抵抗があるためこの方法は使っていません。

雑誌の質感(踏み心地)がイヤだという問題もありますが、雑誌の表紙は人が飾っている事があって気が引けるからです。

 

私と同じように雑誌を踏むのに抵抗がある場合には、雑誌をまとめたものを新聞紙などで包めば抵抗が無くなるかもしれません。

 

最後に

私はフットレストを使っていませんが、その理由は使っている机に丁度いい足の置き場所があるからです。

これがなければフットレストを買っていたと思います。

 

人前でもフットレストを使って演奏するという人は購入せざるを得ないですが、自宅で練習する分には他のものでいくらでも代用できるので購入する必要はないでしょう。

 

しかし、それでもなんとなく持っておきたいと思う人もいると思います。

確かに便利なグッズですが、そういった理由で買うと、のちのちただの場所をとる物体(ごみ)と化してしまう可能性が高いのでよく考えてから購入するようにしましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ