クリップ式チューナーの使い方とおすすめできないデメリット

チューニングするための道具といえば当然チューナー。

音叉なんていうものもありますが、ギタリストには縁遠いものでしょう。

 

コンパクトなタイプからエフェクターのようなペダルタイプなど色々なチューナーがありますが、最近はよくクリップチューナーをみかけます。

というわけで買ってみたのでその感想を書いていきます。

 


スポンサードリンク

クリップチューナーとは?

2015y02m05d_220217453,

 

クリップチューナーを知らない人のために簡単に説明します。

 

一般的なチューナーが音を検知するためは、ギターとチューナーをシールドで繋ぐ必要があります。

しかし、クリップチューナーはシールドを使う必要がありません。

 

じゃあどうやって音を検知しているのかと言うと、ギターを弾いたときの振動で音を検知します。

使い方としてはギターのヘッド部分にこのクリップチューナーをくっつけるだけ。

 

ヘッドにつける部分がクリップ状になっている事から、クリップチューナーと呼ばれています。

 

クリップチューナーの精度

気になるのはその精度。

いくら簡単といっても肝心のチューニングの精度が悪ければ使う意味はありません。

 

実際に使って見たところ殆ど問題ありません。

殆どと言うのが、たまにあれ?という動きをするからです。

 

2弦の音を出して合わせようとしているのに、「1-E」といった具合になぜか隣の弦のデータが表示される事があります。

ずっとと言うわけではなく、ちょっと待ったり2,3回追加で弾いたりすればちゃんと目的の弦のデータになるんですが。

 

つける位置の問題?

その他、つけるギターによって反応しづらい場合があります

ペグが両サイドに付いているGibson系ギターのヘッドのてっぺんに装着したときに比べて、ペグが片側にまとまっているストラト系のギターでペグの反対側に装着したときは少し反応が鈍かったです。

 

つける位置の他個体差もあると思いますが、振動を拾うと言う構造上仕方ないのかもしれません。

ただ、比較すると反応が鈍かったと言うだけで利用上は全く問題ありませんのでこの点はあまり気にしなくて大丈夫です。

 

メリットとデメリット

メリット

最大のメリットはシールドを挿す必要が無いというお手軽さです。

 

家で生音で練習する場合、チューニングのためだけにシールドを挿して抜いてというのがとても面倒でしたが、クリップ式チューナーを買ったことで非常に楽になりました。

これは本当に最高です。

 

デメリット

逆に唯一にして最大のデメリットがスタジオで使えない事。

これがあればスタジオに持っていく荷物が減って助かると意気揚々と持って言ったのですがダメでした。

 

振動で音を検知しているために、ベースやドラムが音を出してしまうとその振動を拾ってしまいうんともすんともいわず。

かといってチューニングするから音出すなといのも違うので、スタジオは今までどおりペダル型チューナーを使用する事にしました。

 

まとめ

というわけでクリップチューナーのレビューでしたが、自宅練習で使う事に限定すれば最高です。

 

自宅練習のためだけに買うにはそこそこの値段がしますが、それでも私のように練習のたびにチューナーにシールドを挿すのが面倒と言うものぐさな人にはとてもおすすめです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ