5円玉を使ったストラップロックピンの自作方法

ギターの落下を防止するストラップロックピン。

ストラップロックピンを購入するとなるとプラスチック製などの安いものでも500円~、金属製のしっかりしたものでは3000円以上かかってしまいます。

 

たかがストラップロックピンにそこまで出せないと言う人も多いでしょう。

そんな人のために、10円でストラップロックピンを自作する方法を紹介します。

 


スポンサードリンク

作り方

用意するものはストラップとドライバーと5円玉を2枚

10円でと言ったのは5円玉が2枚必要になるからです。

 

まずはギター本体についているストラップピンを外します。

そうすると、ねじとストラップピンに分解できます。

 

 

ここで5円玉の出番です。

先ほど取ったストラップピンの下に5円玉、ストラップと順にくっつけて元に戻します。

今まではボディとストラップピンが直接くっついていましたが、その間にストラップと5円玉がはいる事になります。

 

←内側                   外側→

ボディ → ストラップ → 5円玉 → ストラップピン

 

ストラップピンは2箇所ありますのでもう一方にも同じ作業をしましょう。

これで終了です。

 

自作の注意

5円玉(2枚)さえあれば簡単に出来るこの自作方法ですが、1点だけ注意が必要です。

それが、ストラップの穴の大きさです。

 

なぜ5円玉でストラップをロックできるのかというと、ストラップの穴より大きい5円玉が外側に付いていることでストラップが抜けるのを防いでくれるからです。

 

しかし、ストラップの穴の大きさはそれぞれ違っています。

もし付けようとしているストラップの穴の大きさが5円玉よりも大きかった場合、5円玉ではロックできません。

そんなに穴が大きいストラップはあまりないと思いますが、作業の前に確認しておきましょう。

 

5円玉ストラップロックピンの2つのデメリット

簡単かつ10円でできるこの方法ですが、2つかデメリットがあります。

 

デメリット①

ストラップが外せません

 

多くのストラップロックピンは簡単につけたり外したりできるようになっていますが、この方法では完全に固定してしまうため外すには再度ねじごと外す必要があります。

ストラップを付けっぱなしににしていてもそんなに問題はないかと思いますが、ハードケースにしまう場合にはストラップが邪魔で入らないことがあります。

 

デメリット②

見た目が残念

 

ストラップの部分なのでそんなに見られる事は無いと思いますが、ギターに5円玉が付いているのはカッコよくは無いですね。

どんなにカッコいいギターを使っていても5円玉が付いていたら台無しです。

しかし、レトロなギターの場合には面白さがあっていいかもしれません。

 

まとめ

というわけで、5円玉を使ったストラップロックピンの作り方でした。

見た目さえ気にしなければ十分に効果はあります。

 

昔から有名な方法ではありますが、未だに使っている人を見た事はありません。

ライブ直前にストラップロックが無い!となった時にはまた別の方法もありますので参考までに ⇒ 5円玉さえ使わずにストラップロックを自作する方法


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ