レスポール等Gibson系ギターにおすすめのセミハードケース

以前ギターケースの種類について簡単に紹介しました。

コチラ ⇒ ギターケースの種類と選び方

 

そこではセミハードケースをおすすめさせて頂きましたので、実際に私が使っているセミハードケースについてのおすすめポイント等を紹介させていただきます。

 


スポンサードリンク

メーカー

私が使っているギターケースのメーカーはNAZCAというメーカーです。

読み方はナスカ(多分)。

 

2015y02m09d_191454245

 

その名のとおり、ロゴがナスカの地上絵になっています。

ただ、なんでナスカの地上絵から名前を取ったのか、その由来は不明です。

 

NAZCAのポイント

このNAZCAのポイントはメーカーも謳っているとおり、

 

日本製

パラシュート記事にも使われる素材を使った頑丈さ

1年保障、それ以降でも修理に対応(有料だけど)

 

というところになります。

 

NAZCAをおすすめする理由

人によってギターケースを選ぶ理由はデザイン、利便性、値段と色々あると思いますが、値段についてはたしかにNAZCAのギターケースは高いです。

一番安いストラト用のものでも、24,500円します。

 

それでもおすすめする理由は、ネックサポートが付いているから

 

以前の記事で書いたとおり、ギターが固定されていないとギターケースの中でガタガタと動いてしまいトラブルの元となります。

とっくにヘッドに角度が付いているものだとなおさらです。

 

なので、レスポール等Gibson系のギターを使っている人、Gibson系でなくてもPaul Rees Smithなどのヘッドに角度のついたギターを使っている人にはとてもおすすめです。

 

NAZCAのケース全てにネックサポートが付いているわけではないので、購入する際はネックサポート付きか確認してください。

 

おまけ 私がNAZCAを選んだ本当の理由

私はSGとストラト系のギター両方持っていますが、ネックサポート付きのケース1つで済ませています。

そのケースでストラト系のギターを使っていても今のところ問題ありませんので、ヘッドに角度がついているギターとそうでないギター両方持っている場合はネックサポート付きのケースをおすすめします。

 

私がNAZCAのケースを選んだ理由はこのネックサポートもありますが、

 

ナスカの地上絵のロゴがカッコいい!

パラシュートに使う素材が使われているなんてカッコいい!

 

という事もあります。

なんか男心をくすぐられたと言うか、男のロマンを感じたと言うか…

 

機能性も大事ですが、デザインなどを自分が好きになれるかも大事ですので素敵なギターケースを見つけてください。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ