どれがおすすめ?ギターケースの種類や選び方

ギターをしまったり、運ぶときに必要なギターケース。

このギターケースにはいくつか種類があり、それぞれメリットデメリットがありますので購入する際の参考にして下さい。

 


スポンサードリンク

ソフトケース

初心者セットで付いてくるのはまず間違いなくこれです。

2015y02m09d_210222275

 

ソフトケースと言う名前のとおりやわらかいケースで、この中にもギターを保護する緩衝材(クッション)が入っているものと入っていないものがあります。

 

クッションの入っていないものは、その分値段が安く1,000円しないで買えるものもあります。

家で弾くだけの人、ギターが複数本あるからとりあえずケースが欲しいという人、ギターなんて運べりゃいいんじゃという豪快な人にはおすすめです。

 

クッションが入っているものになると値段が上がり安くても3,000円はしますが、ギターを持ち運ぶことがある人はクッションが入ったソフトケースを選びましょう。

 

 ギグバッグとは?

ちなみにギグバッグと呼ばれているケースもありますが、これはソフトケースにあたります。

一般的に

 

・クッションの入っていないペラッパラのソフトケースは「ソフトケース」

・クッションの入った多少しっかりしたソフトケースは「ギグバッグ」

 

と呼ばれています。

ソフトケースを利用する場合にはギターを傷から守るソフトケースの使い方も参考に。

 

セミハードケース

外見は布等ですが、ギグバッグよりもさらにしっかりした緩衝材が入ったものがセミハードケースです。

2015y02m09d_191646936

 

セミハードケースにはケース内部でギターが動かないように固定してくれる作りになっているものもあります(全てではありませんが)。

ソフトケースは中にギターを入れるだけなので、ケース内でギターがガタガタと動いてしまいトラブルの元となってしまいますが、固定する事でそういった余計なトラブルを防ぐ事ができます。

 

また、ソフトケースに比べて収納ポケットのスペースが広いので機材の持ち運びが楽になります。

 

一番おすすめのケースなのですが、問題は値段が高い

1万円を超えるものが殆どなのでお財布とよく相談しましょう。

セミハードケースのについては別途レスポール等Gibson系ギターにおすすめのセミハードケースにも書いています。

 

ハードケース

Gibson等高級ギターを買うと付いてくるのがハードケース。

外は木だったり強化プラスチックだったりと非常にしっかりとしており、中は毛皮っぽいものがついている豪華なケースです。

2015y02m09d_210054795

 

ギター保護には一番向いていますが、ごついし重いしで持ち運びには向いていません。

それどころがポケットがないというデメリットがあります。

 

シールドとチューナーぐらいしか持ち運ばない場合、ソフトケースやセミハードケースならポケットに入れて手ぶらで移動する事ができますが、ハードケースの場合は別にバッグが必要になってしまいます。

 

そもそもハードケースは、車や飛行機で移動する人のために作られたようなものなので仕方がありません。

そのため、そういった機会がある人以外は全く不要です。

 

まとめ

一番のおすすめはセミハードケースになりますが、値段が値段なのでソフトケースを買う人が多いと思います。

その際は、両肩で背負えるものを買いましょう。

 

片側だけで背負うタイプだと体のバランスをおかしくしてしまいますし、両肩で背負えた方が安定し両手が開くので他の荷物を運ぶのも楽になります。

 

セミハードケースを勧めていますが、かくいう私も長い間自転車でソフトケースを担いで移動していました。

転んでぶつけたりしなければそうそう故障することはありませんが、やはり何かあってからでは遅いので余裕が出来たらしっかりしたものを買っておきましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ