【ギターの種類を知ろう】初心者におすすめの2大ギター

いざギターを購入しようとなった時に、ネットや店で探してみると予想以上に色々なギターがあるのにびっくりすると思います。いったいそれらのギターは何が違うのか?

 

何が自分に合っているだろうと考えても、はじめての場合検討も付きません。全てを知るのは難しいですが、まずはその中でも有名な2つのギターについて知っておきましょう。

 


スポンサードリンク

2大ギター

ストラトキャスター

まず有名なのがストラトキャスター。

2015y02m23d_190035998

 

Fenderというメーカーから発売されています。アメリカのメーカーですが傘下にFender MexicoFender Japanがあります。

 

ストラトキャスターでは長くて呼びづらいので一般的に「ストラト」と略して呼ばれています。

 

レスポール

もう1つ有名なのがレスポール。

 

2015y02m23d_190531968

 

こちらはGibsonというメーカーから発売されています。これもアメリカのメーカーで、傘下にはEpiphoneがあります。

 

これらの違い

音の違い

見た目は当然ですが、出てくる音も違います。ざっくり言うとストラトの方がきれいで繊細な音が出て、レスポールの方が野太くパワフルな音がでます。

 

そのため、一般的にストラトがポップスや軽いロック、レスポールが激しいロックやメタル等に向いていると言われますが、ストラトでバリバリのメタルを弾く人もいますしレスポールでポップスを弾く人もいますので音については気にしなくて大丈夫です。

 

どちらが弾きやすい?

ギターを買う際、当然弾きやすいギターの方がいいと考えるでしょう。

 

弾くにくいより弾きやすいギターの方がいいのは当然ですが、これも気にするものではありません。というのも、まだギターがはじめてない状態では何が弾きやすいのかわからないため気にしてもあまり意味がないからです

 

最初にストラトを買った人はストラトでの演奏が基準になるのでストラトを弾きやすいと思うようになりますし、逆もまた然り。

 

もちろんそうでない場合もありますが、隣の芝が青く見えるのはどちらを選んでも同じです。実際にプロのギタリストでも、ストラトが弾きやすいという人もいればレスポールが弾きやすいという人もいます。

 

弾きやすさについて細かく言うと色々あるのですが長くなるので興味のある人はコチラへ ⇒ ボディの種類からみた弾きやすいギターの選びのポイント

 

何で選べばいい?

何年もギターを続けていれば拘りが出てきますが、はじめての場合その拘る部分がわからないですし、上に書いたとおりその違いは些細なものです。

 

そのため自分が細かい事は気にせず、ピンときたものや好きなアーティストと同じ形のものなど見た目で選んでしまいましょう。大切なのは、ギターを長く続けられるように愛着がわくものを選ぶ事です。

 

とはいえ、気に入ったギターの値段を見てみたら何十万もするなんて日常茶飯事です。

 

インターネットで商品を探す際、楽器屋によっては上限〇〇万円のギターを探す、と値段を絞り込めるところもありますので、まずは自分の気に入る形を見つけ、その中で自分が買える範囲のものを探してみましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ