【19歳で世界最速!】999BPMの脅威のギター動画【ギネス記録】

2008年に速弾き世界記録を叩き出したチアゴ・デラ・ヴェガ。

2011年にその記録を塗り替えたジョン・テイラー。

その記録をわずか数ヶ月で塗り替えリベンジを果たしたチアゴ。

 

その翌年2012年にまた恐ろしいギタリストが現れました。

 


スポンサードリンク

BPM999!?

2012年、テイラー・スターリングの動画です。

 

 

さわやかイケメンですね。若く見えると思ったら見えるのではなく実際に若く、この当時19歳。その若さにしてこれから世界最速で弾くとは思えないくらいリラックスしているように見えます。

 

今回演奏されている曲は例に漏れず熊蜂の飛行」

原曲と同じBPM170からはじまり、最終的にはBPM999

 

999!?

 

RPGで言ったらレベルMAX、カンスト状態です。BPMは6:00~見ることが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか?

ここまでくるともう言葉が出てこないです

 

正直意味がわからない!

 

音が出ているとか出ていないとかは抜きにしても、そもそもどうやったらあんなに指が動くのか…?1/5でいいから分けて欲しいです(1/5にしてもBPM200で十分すぎるレベル)。

 

使用機材

気になったのが使用ギター。

 

Ibanezの7弦ギター使っています。細かく言うとスティーヴ・ヴァイモデルの7弦ギター(今はもう売ってないっぽい)ですが、2008年、2011年とギネス記録を更新していたチアゴの使用ギターも7弦でした。

 

まさか、7弦ギターは速弾きしやすいのか…?と思ってしまいますが、きっとそんな事はないんでしょうね。ジョン・テイラーは6弦でしたし。

 

エフェクター使ってる?

アンプは見たまんまマーシャルを使っていますが、左下にT.C.electronicのG-systemとその右にBOSSのマルチエフェクターっぽいものが見えます。

 

歪み以外をかけているようには聴こえません(というか速すぎてわかりませんw)が、G-systemは赤く光っているので電源が入っているのは間違いありません。もしかしたら隠し味的に何か使っているのかもしれません。

 

BPMカンスト…

というわけでBPM999とカンストさせてしまったテイラー・スターリング。

 

これを超えるには999BPM以上出せるクリックが必要になってしまいますが、はたしてこれを超える事は出来るのか…


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ