握力は不要?ギターに必要な指の鍛え方やトレーニング方法

ギターを始めたばかりの頃は中々コードを押さえる事が出来ません。

コードを押さえるコツが分かっていないという事もありますが、日常生活であまり使わない動きなので筋力が足りていないという事もあるでしょう。

 

この時に、握力が弱いから握力を鍛えようという話になる事がありますが、本当なのでしょうか?

 


スポンサードリンク

ギターに握力は必要か?

人によって色々な意見があると思いますが、私の意見として。

ギターに握力が必要だという話については半分本当で半分嘘と思っています。

 

コードを押さえるときに力が必要なのは間違いありません。

ギターを弾きはじめた頃は練習するとすぐに手が疲れてしまいます。

 

特に薬指や小指などは普段単独で使わないので疲れが顕著に表れますが、練習すればするほど疲れにくくなります。

これは練習を続けて力が付いたからと考えていいでしょう。

 

半分本当

ですので、ギターを初めての人や慣れていない人からすると、ギターを弾くには握力が必要なんだなと思うでしょう。

*ギターを弾くときに使うこの力を握力と呼ぶのかはわかりませんが…

 

しかし、これはギターを弾いていれば慣れるもので最低限あれば問題なく、鍛えるほど必要かというとそんな事はありません。

 

じゃあ何故握力が必要と言われるのか?

握力が必要という話になってしまう場合、その人達にはある傾向があります。

 

それは速弾きをしたい人達

速弾きに限らずギターソロを弾きたい人達です。

 

こういった人達が指を速く動かしたいのでどうすれば速く動かせるか悩んだ末、「握力を鍛えれば指が早く動く!」という考えにたどり着きます。

 

しかし、実際に速弾きに必要な力は握力ではなく、目的の弦へ速くたどり着く力、また次の音を速く出すために弾き終わったらすぐに弦から離れる力です。

 

要するに握力ではなく、指を動かすスピードが大事になります。

 

筋肉の関係については詳しくないので、前者については握力が関係するのかもしれませんが、後者については握るとは逆の開く力が必要です。

それ以外にもプリング(ギターの奏法)なんかは、握力とも開く力とも言いがたい、弦を下に引っ張る力が必要になります。

 

半分嘘

なので、こういったケースの答えとして握力が必要というのは適切ではありません。

 

にも関わらず指を速く動かすために握力が必要と勘違いした結果、ギターには握力が必要と言われるようになってしまったのではないでしょうか?

 

まとめ

これらの事から、ギターに握力が必要という話は、初心者にとっては当てはまり、速弾きをしたい人にとっては当てはまらないという事で半分嘘で半分本当だと思います。

 

ちなみにこの話は、実際に私がそんな風に思っていたのでそれを書いただけで、速弾きの人たちを馬鹿にしているわけではありません。

こんなサイトを作るくらい速弾き大好きですし、握力(指力?)を鍛えるようなグッズも買って学校に持っていくほど愛用していました。

 

ただし、ここで書いたように速弾きには開く力も必要になるので、お風呂の中で手を握って開いてとグーパーグーパー繰り返すなど開く力も鍛えるようにしましょう。

開く力も鍛えておくと筋力のバランスがとれて怪我の防止にも繋がりますので一石二鳥です。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ