【ギターの選び方】フロイドローズの「ザグリ」のありなしの違い

メタルギタリスト、速弾きギタリストに多く使われているフロイドローズブリッジ。そのため、そういったものに憧れる人たちは当然フロイドローズが搭載されているギターが欲しくなってきてしまいます。

 

特にアームを使ったプレイを多用する人にはなくてはならないフロイドローズですが、フロイドローズが搭載されているギターにはザグリがあるものとないものの2種類あります。それぞれメリット・デメリットをみていきましょう。

 


スポンサードリンク

「ザグリ」とは?

「ザグリ」とはフロイドローズブリッジの下にある空洞のことです。

 

・ザグリがある=空洞がある=ブリッジが宙に浮いている

・ザグリがない=空洞がない=ブリッジがボディに乗っている

 

ザグリがある場合

〇アームアップ(アームを使って音程をあげること)が可能。

〇クリケット奏法ができる

×ブリッジミュートするときにブリッジを強く押さえすぎると音程がシャープする。

×弦が切れたとき、他の弦のチューニングがずれる、弦交換も面倒

 

 

ザグリがない場合

×アームアップ不可。

×クリケット奏法不可

ただしブリッジミュートの時に音程がシャープしたり、弦が切れた時に他の弦のチューニングがずれることはなく、弦交換も楽。

 

アームの使い方で考える

実際にアームを使うケースを考えてみてましょう。

よく使われるのがハーモニクスとアームを使って「キュィーン」と音を上げるハーモニクス・スクウィール。ダイムバッグ・ダレルがよく使っていた演奏方法です。

 

このハーモニクス・スクウィール、音程は上がっていますがほとんどの場合アームアップはしていません。アームダウンさせて元に戻しているだけです。

 

アームダウンした時に音を出すことで普通より低い音が出る、そしてそこから元の状態に戻ることで、相対的に音程が上がっているというカラクリです。音程が上がるためザグリがないギターだとこれが出来ないと思っている人がいますが、そんなことはありません。

 

ただし、クリケット奏法(アームを叩いて音をゆらす方法)はザグリ有りでないとできません。*ザグリ無しでもフローティングさせればできますが。

 

ザグリの有無

ハーモニクス・スクウィールをしたいからフロイドローズのギターが欲しい、という場合でもザグリ有りのギターを選ばなければいけないということはありませんし、アームアップを多用する人はあまりいないので、ザグリは無くても問題ないと思います。

 

実際にプロのギタリストでも最初はザグリが有ったのに埋めてしまった人もいます(ポール・ギルバートなど)。

 

ザグリの有無は商品ごとに決まっているので自由に選べるわけではありませんが、自分の弾きたいものに合わせてザグリの有無を考えましょう。個人的にはザグリが有ったほうが「フロイドローズ!」という感じがするので、見た目で選ぶのもありだと思います。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ