【ギター】右手より左手?キレのいいカッティングのコツ【ミュート】

チャカチャカチャカチャカと、文字にするとアホらしいですが音に出してみるととてもカッコいいカッティング。ギターを弾くなら是非身に付けたい技術です。

 

しかしこのカッティング、コードを押さえるだけでなく瞬間的に指を浮かしてブラッシングしてまた押さえて…と細かい動作が多く、中々簡単にはいきません。

 

しっかり練習してキレのいいカッティングをできるようになりましょう。

 


スポンサードリンク

上手なカッティングとは?

上手なカッティングは歯切れがよく、音がとてもきれいです。

 

何故歯切れよく感じるかというと、音が出ているところと出ていないところ(ブラッシングしているところ)が明確に分かれており、メリハリがついているからです。

 

メリハリがないと、音がごちゃごちゃしてカッコよく聴こえません。

 

メリハリをつける方法

この時に目がいきがちなのが右手の動き。

 

キレのいい音を出すためには、右手をキレよく動かせばいいと考えてしまいます。もちろんそれも大事ですが、右手だけではキレのいい音を出す事は出来ません。

 

キレのいいカッティングには左手の使い方が重要になります

 

カッティングの時の左手の使い方

カッティングでメリハリがつかない、音がごちゃごちゃしてしまう。この原因はノイズにあります。ノイズが出ているため、音が出るところと出ないところの境目が曖昧になってしまうからです。

 

そこで大事なのがミュート。

 

カッティングをしている時は右手でのミュートはほとんど出来ないので、左手でしっかりミュートしましょう。

 

最後に

動きの少ない単純なコードでも、音が鳴るべきところで鳴っていなかったり、逆にブラッシングしなければいけないところで指を浮かしきれておらず、音が鳴ってしまっている事があります。

 

さらに難しいのは左手の移動が伴う場合。弦から指を離してしまうとノイズが出てしまいますし、それだけでなく移動させるときに弦を引っ張り、意図せずにプリングしたような状態になり、音が出てしまう事もあります。

 

カッコいいカッティングをするために、こういった細かいところに気を使うようにしましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ