【コード進行】よく使われる3つのコードの3つの覚え方

コード進行がどんなもにかについて誰でもわかるコード進行でご紹介しました。

コード進行に興味を持ったのであれば、せっかくなのでもう少し覚えていきましょう。

 

前に例に出した、起立・礼・着席を使って進んでいきたいと思います。

 


スポンサードリンク

おさらい

起立・礼・着席についておさらいしましょう。

 

コード進行【C ⇒ G ⇒ C】

曲の調は【C】

トニックも【C】

 

調が【C】なので最終的に【C】に戻ると落ち着くと言う話をしました。

 

しかし、【C】が落ち着くのは曲の調だからというだけではなく、その前にある【G】が貢献しています。

 

偉大なG

【G】は【C】に戻りたがっているコードで、G】から【C】に戻ることが一番落ち着くようになっています。

 

試しに【C ⇒ F ⇒ C】と弾いてみてください。

【G】を弾いたときほどしっくりこないと思います。

 

この【G】の事をドミナントといいます。

もう1つよく使われるのがサブドミナントですが、【F】がこれにあたります。

 

しばし休憩

rest

 

「何をいっているんだこいつ」となってきたかもしれませんが、まだいける人はもう少しいきましょう。

 

それぞれの見分け方

C = トニック

F = サブドミナント

G = ドミナント

*曲調がCの場合

 

となりますが、トニックは曲の調ということでわかっても、サブドミナントやドミナントはいまいち分かりません。

 

・トニックの5フレット上の音がサブドミナント

・トニックの7フレット上の音がドミナント

 

難しく考えずにこのように覚えましょう。

別に考えるならば

 

・トニックの1つ下の弦の音がサブドミナント

・そのサブドミナントの2フレット上の音がドミナント

 

パワーコードで考えると、

 

・人差し指で押さえているところがトニック

・もう1箇所のところがドミナント

 

言い方が違うだけでどれも同じ事です。

 

最後に

ここまで読んでくれた皆様ありがとうございました。

私もこういう勉強的なことは苦手なので、最初はさっぱりわかりませんでした。

 

ここまできたのでせっかくなので【C ⇒ F ⇒ G ⇒ C 】と弾いてみましょう。こういうことを知ったうえで弾くと何か感じるものがあるかもしれません。

 

この3つのコードだけでもわりと楽しめます。

またトニック、サブドミナント、ドミナントの位置関係が分かれば曲調がCでなくても対応できるので、他の調でも色々と遊んでみましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ