【スケールの覚え方】ドレミファソラシドでわかるスケールとは?

ギターの練習をしていると、「スケールを覚えたほうがいい」や「スケール練習をした方がいい」と言われます。

このスケールとは何なのでしょうか?

 

スケールを考えると音楽理論というめんどくさい事を学ばなければなりませんが、ドレミファソラシドがわかっていればスケールを覚えるのに役立ちます。

まずはスケールとは何かを気にせずドレミファソラシドを弾けるようになりましょう。

 


スポンサードリンク

ドレミファソラシド

ギターの教則本をひらくと、どこかにドレミファソラシドの弾き方が書いてあると思います。

しかし、ギターはピアノと違って同じ音を別の場所で出す事が出来るため、ドレミファソラシドの弾き方は何通りもあります。

それを確かめてみましょう。

 

弾き方①

2015y03m03d_135907715

 

弾き方②

2015y03m03d_140055090

 

弾き方③

2015y03m03d_140149393

 

上記の違い

上の3つは押さえる場所が違いますが、全て同じ音の高さのドレミファソラシドです。

はじめてギターでドレミファソラシドを弾いた人には、ギターが中々奥が深いものだと感じられたのではないでしょうか。

 

これは全て5弦の3フレットから始まっていますが、6弦の8フレットも同じ「ド」の音になりますのでそこから始まるドレミファソラシドもあります。

このように、同じ音を弾くにしても様々なパターンがあるのがギターの面白いところです。

 

ドレミファソラシドとスケール

ドレミファソラシドがわかったところで、スケールの話に移ります。

 

スケールと言うのは音の高低を順番に並べたもので、その高低差により、○○スケール、××スケールと違う名称がつけられています。

 

ドレミファソラシドという定番の音の並びもあるスケールに該当し、これはCメジャースケールになります。

スケールスケールと難しく考えてしまうとわかりづらいですが、それだけです。

 

メジャースケール

ドレミファソラシドの並びをわかりやすくするために、5弦上でのドレミファソラシドをみてみましょう。

 

5弦上でのドレミファソラシド

2015y03m03d_142650158

 

・ ドとレの間が2フレット

・ レとミの間が2フレット

・ミとファの間が1フレット

・ファとソの間が2フレット

・ ソとラの間が2フレット

・ ラとシの間が2フレット

・ シとドの間が1フレット

 

このように、基準の音から2-2-1-2-2-2-1という間隔で音が並んでいればメジャースケールです。

今回は基準となる音がド=CだったためCメジャースケールと呼び、基準がDだった場合はDメジャースケールになります↓。

 

Dメジャースケール

2015y03m03d_143143407

 

最後に

上記のドレミファソラシドとDメジャースケールを見てわかるとおり、メジャースケールであれば必ず上記の配列になりますので、その配列(=ドレミファソラシドの指の動き)さえ覚えてしまえば色々なキーの曲に対応できます。

 

キーがCではない曲でメジャースケールを弾きたいという場合は、そのキーの音から始まるドレミファソラシドという風に考える方法もあります。

ちなみにこういった考え方を移動ドと言いますが、ギターをやっている上ではあまり使いません。

 

スケール練習はこの指の動きを覚えこませるためのものなので、スケール練習と難しく考えずにドレミファソラシドを色々な場所で弾けるように練習しましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ