【ギター初心者】ドレミファソラシドの弾き方、練習方法

ギターを買ったら早速いろいろなものを弾きたくなると思います。

ギターを長続きさせるために初心者が1番最初にやる事でも書いたように、教則本なんか無視してやりたいようにやるのが1番ですが、やはり弾いておきたいのはドレミファソラシド。

 

ギターに限らずどんな楽器でもまず最初に手を付けますし、ギターをやっていく上で役に立ちますのでしっかり覚えておきましょう。

 


スポンサードリンク

ドレミファソラシド

ドレミファソラシドの弾き方は何通りかありますが、一番簡単なのがコチラ↓。

 

練習①

2015y03m03d_140055090

 

開放弦が含まれているため使う指が少なくてすみます。

 

練習②

2015y03m03d_135907715

 

開放弦を使わないため、練習①より難しくなります。

指の動き参考:中⇒小⇒人⇒中⇒小⇒人⇒薬⇒小。

 

練習③

2015y03m03d_140149393

 

横の動きが大きくなるため練習②よりさらに難しくなります。

指の動き参考:人⇒中⇒小⇒人⇒中⇒小⇒人⇒中。

 

練習に当たって

練習②、③については指の動きの参考を書いて見ました。

 

人⇒人差し指

中⇒中指

薬⇒薬指

小⇒小指

 

になります。

あくまで参考で、ギターの指使いはこれが正しい!というものは無いので自分が弾きやすいやり方で弾きましょう。

 

もちろん、最初から全部の指を使う事は難しいので、一番動かしやすい人差し指だけで弾いてみるのもいいでしょう。

その場合にはこんなドレミファソラシドもあります↓。

 

練習④

2015y03m03d_142650158

 

最初に5弦の3フレットを押さえたら、後はそのまま横に移動するだけなので非常に簡単にドレミファソラシドを弾くことができます。

 

最後に

ギターの弾き方については、これ!という決まったものはありませんので、教則本に書いてあるからといって、絶対にその通りにやらなければいけないものではありません。

 

例えば、小指を使うのに慣れていないのに小指を使えと書いてあるからと無理にやろうとすると、指を傷めてしまいます。

特に小指はある程度ギターをやっている人でも中々使えるものではないので、気にする必要はありません。

 

小指がうまく動かないうちは代わりに薬指を使うなど工夫しましょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ